女神と天使

虹色の女神、フレームに入れる

フレームに入れてみました。29.7×42.0cm(A3)

うはー。フレームに入れるとまたぐっと良い感じ(まさしく自画自賛^^)

ぱあ~とお部屋が明るくなります。

前チャクラの波動を高めてくれる女神のパワー!

描いていると、下の方の

赤、オレンジ、黄色、緑、青は地球を感じるし

上の方の、ピンク、紫、藍色のところには宇宙を感じる~。

すべてと一体!なイメージもあり。

生きることをありのまま受け入れて、楽しむ波動へ!

そんな絵に描けたかな?

女神と天使

虹色の女神

下書きしたまま置いてあった女神の絵がやっと描けた~!

なかなか進まず、うだうだしていたのですが、

今日、とうとう描きあげられた~。

筆が乗れば早いんですよ。不思議。

リアルライフでいろいろ、このところありまして、

でも、おかげさまで、大きいインナーを癒して抜けて

その時に解放された自分の中の女神を描きたかったのです。

自分らしく描くことがやっと出来そうかな~と

描いていて嬉しくなるような、そんな感じがしました。

ずっとずっと、輝く女神を描きたいと思っていて

なかなか描けなったのは、癒されきってないインナーのせいでした。

私の牡羊座にある金星を表現したような女神です。

牡羊の金星は、無邪気で明るくゴージャス。

どうでしょう?羊っぽい?

ヒーリングの光, 南の島模様

サンゴ・虹色に輝く

夏らしく明るい色調でサンゴの光、制作してみました。

 

ところで、今年は異常に暑いそうですね。

こちらの島はいつもどおりなのですけど。

 

今私の住んでいる奄美南部のこの島は

平均気温24度、湿度はいつも高い亜熱帯の地域。

この島に住みはじめた頃はあまりの夏の暑さに

くらくら、ふらふら、ぐったりしていたものですが

今思うとちょっとした熱中症だったのかも。

 

こちらで生まれ育った人は暑さに強いのですけど

内地から来た人には慣れるまでは厳しいと思ったものです。

元から身体も弱いもので、余計に暑さ対策しないと

ほんと生きていけない。

 

今では慣れた・・・と言いたいところですが、

ちっとも慣れてませーん。

暑さを避ける工夫をするようになっただけですね。

日中は外に出ないとか、水分はいつも持って歩くとか

塩分、ミネラルは気をつけて摂るとか。

 

だいたい5月からエアコンはつけっ放しです。

止めちゃうとあっという間にサウナになってしまうので

そこから部屋を冷やす方が電気代がかかるので。

電気代よりなにより、暑い外から帰って、すぐに

涼しいところで休めないと身体がしんどいからです。

 

島の人も、まだ涼しい早朝や夜に活動することが多いようです。

特に農家の人は、一番暑い日中にはお昼寝するみたい。

ですよね。炎天下に農作業は死んじゃいます。

昼間は町へ出歩く人も少ないです。

 

この頃では、都会でもすっかり暑さが危険

な時代になってきたみたいですね。

天気予報を見ると、むしろ亜熱帯のこのへんよりも

都会の気温の方が高くて、34度とか38度とか!!

驚きの気温ですし、街の映像もとっても暑そう。

 

島はアスファルトが少なく緑が多いせいと

周囲を海に囲まれているから、

わりと涼しい風が吹いてくれるのです。

木陰はほんとに涼しい。

虫がいるから行かないけど。

熱帯夜も都会よりも少ないようです。

 

沖縄・奄美の方が夏は過ごしやすいのかも。

不思議な現象が起きていますね。

 

私の体験から思うに、内地の人は

今のような強烈な暑さに身体が慣れていないと思うのです。

熱中症っぽい状態に一度なると、元気になるまで時間がかかります。

養生に養生して気をつけて過ごして、ちょうど良いと思います。

みなさま、暑さに無理せずにご自愛くださいませ。