ヒーリングの光

変化を助ける天使の光

「天界の花」から派生した光絵

「変化を助ける天使の光」

ミントがかったブルーは

エメラルドグリーンの隣にあって

ターコイズを含んだオリーブグリーン

オリーブグリーンは自分の価値を見直して

自分を受け入れることを促す

ターコイズブルーは創造性を助ける

合わさると個性化を促す。

より自分らしく、自分を輝かせるということ。

その光に囲まれているバイオレットは

古い自分を壊して新しい自分を生み出す

変化するための光。

変化を助ける天使は、この光を携えて

あなたのもとへやってくる。

女神と天使

天使の絵がお嫁入り

この度、この天使たちの絵「上空へいらっしゃいませ」

がお嫁入りすることになりました!

うわーん!嬉しいー!ありがとうございます!

思い入れの深い絵だったので

ひとしおにうれしいのでございます。

描いてよかった!出してよかった!

と浮かれ踊っております。ばんざーい!

しかしこれは、わりと思いつき、勢いで描いたもの。

計算なしのインスピレーションのままに。

そのまま出しちゃって、えへ、みたいな感じの生ものみたいな。

でも、それを喜んでいただけるというのがまた

とてもうれしい。

またそういう絵を描きたい、と思うのでした。

降ってこーい!両手を広げてまってます!

女神と天使

「天使の浄化」ファブリックパネル

 

光絵と天使を融合させた「天使の浄化」を

キャンバスパネルに仕立ててみた。

六つ切サイズでかわいい。

天使の髪だけ金色のアクリル絵の具で塗ってある。

あとファブリックに印刷すると、布なので

やさしい線や色合いになるが

線はぼやけるので、表情などがなくなるので

顔を表情をつけるために描いた。

なかなかのハンサムさんに描けたぞ~。

この天使は浄化してくれる天使

ミカエルが近いかもしれない。

青の天使と呼んでみようかな。

青には鎮静作用、浄化作用があるから

青にしたのだ~。

青の天使を呼んで、癒されてください。

creema

https://www.creema.jp/item/7703358/detail

minne

https://minne.com/items/19569382

で販売してます。

 

 

女神と天使

上空へいらっしゃいませ

またご無沙汰になってしまいました。

今年はほんとなんて年だ・・・と嘆くくらいに

動けなくなることが多いですが。

だが、しかし!復活するのだ!

まだぜんっぜん本調子ではないけど。

起きていられる時間が少ないのだけど。

でも、でも、山は越えたと思う。

疲れると寝込むので、疲れないように

調整しながら、少しづつ体力をつけてゆくぞ~!

お~!・・・とベットの上で寝ながら気勢を上げるのだ。

起き上がれる時間に少しづつ描いていたのが

この絵です。

「上空へいらっしゃいませ」

動けない人は、動ける夢想をするものです。

空なんか見上げると、気持ちよさそうに

天使が舞っている空想なんかするのです。

上空へいらっしゃいと言っても、

昇天しちゃうってことじゃないですよ。

落ち込みがちになるけれど、波動を落とさず

気持ちは上げていきましょう!

ということです。

再生するための小さな死を、今体験しているのだと

信じるのですよ。

古い意識は手放して、新しい意識に変容させてゆくために。

空は澄んで、天使は微笑む。

明るい気持ちを保つことで、上向きにするのだ~!

天使はそのサポートをしてくれている。

そんな気持ちで描いでみました。

ヒーリングの光, 女神と天使

Angel are clealing you.天使の浄化ヒーリング

今年一番取り組みたいと思っているのは

光絵と天使や女神やインナーチャイルドの融合作品。

先月12月はほとんど創作できなかったので

反動で創作しまくりの昨日、今日。

やっぱり楽しい。夢中で時間を忘れる。

お疲れ気味のあなたへ。

天使からの浄化の光を受け取って。

創作について, 女神と天使

彼はあなたの天使かもしれない

というタイトルで、昨日の夜中に突然描いた天使です。

 

私のストレス発散のひとつに恋愛小説を読むことがあるんです。

ええ、ワタクシけっこうなオバちゃんですけど、なにか?

いくつになってもロマンスは心の栄養なのよ!

 

テレビドラマとか映画もいいけど、時間拘束されるのと

昔から活字読むの好きなのです。中毒かって言うくらい。

で、恋愛小説はね、女性ホルモンを高めるためにもいいんですよ!

 

冴えない女子がイケメン男子に愛されるハッピーエンドの、

だいたいお決まりの女子受けの物語ですけどね。

特に私が好きなのが過去の男に手ひどく振られたり、

傷付けられたりして自己肯定の低くなってしまった女の子が

イケメンに愛されて再生する物語です。

特に昨日は家族も失くして孤独に耐える寂しいアラフォー娘が

なかなか愛されているって思えなくてすれ違いしてたところを

彼が愛してることを分からせてくれるところでして。

彼女の長年の孤独が氷解するというシーンは涙なくして読めなかった。

 

欠点も含めてありのままの自分を愛されることで癒される物語は

何度読んでも泣けるんですわ。

あー号泣してティッシュ大量に使ったー。

 

それで、読み終わった後に、ふと、思ったんですね。

ありのまま愛してくれる彼氏の存在は、ほんと癒してくれるけど

それってスピリチュアル的に言うと、

彼は人間だけど彼女にとっては天使じゃない?って

 

自分にも覚えがありますとも。

愛してくれる人と出会ったとき。ほんとに救われるよね。

恋愛的だけじゃなくて、人間として癒されるよね。

 

自分を愛してくれる人が横にいたら、

その人はあなたの天使なんじゃない?

そんなイメージで描いたのでした。

 

6月11日~16日

アモーレ銀座ギャラリーさんの「色彩の魔術師」展に出展します。

https://www.art-belladonna.jp/amoreginzagallery

ご来場いただけたら嬉しいです。