久しぶりに、アートセラピー関連で、色についての
セラピー情報をお届けします。

私も好きな色のひとつ、マゼンタについてです。

マゼンタ?何色のこと?と聞き馴染みのない人もいるかもしれませんが
日本語で言うと、少し紫がかったピンクのことです。
明るく鮮やかな赤紫。紅紫(こうし)色とも言うようです。

例えば、ブーゲンビリアのピンクのようなこんな色のイメージですね。

ヴァイオレット(紫)と、レッド(赤)の間にあって、
虹(線形)とはちがって円環を形成する光です。

 

新しいイマドキの鮮やかで華やかな色です。
とても女性性が強くて、そう華やかで強い女性らしさを表現しているよう。

愛らしさと強さを合わせもった現代女性のようなカラーです。

マゼンタは宇宙的な無条件の愛のエネルギーでもありますし、
オーラソーマでは、小さきものへの愛を強める色とされています。

すべてを内臓した色とも言われていて、とても深い愛の色です。
高い精神性へ導いてくれますし、幸福感を高めてくれる効果もあります。

小さきものへの愛という意味を持つこの色は、身に付けたり、取り入れることで
日常的なありふれたものも愛おしんで、大事にすることができるように
導いてくれるのです。

見返りのない、純粋な奉仕の心を持つ、とても気配りのできる人になれる、
そんなとても波動の高い色です。

また美的センスも高めてくれます。

美に敏感になって、立ち居振る舞い、センスを高めてくれるようです。

ほんとうに、新しい時代に現われた、高い波動の色と言えます。

女性らしい女性が好む色だけあって、女性の助けになる色でもあります。

もちろん、女性だけではありません。今は男性も女性性を使って、

育児をしたり、看護したり、介護をしたり、それ以外でも奉仕をする時代ですものね。

それは素晴らしくて意気揚々と取り組んでいる時にサポートになりますし、

ずっと続けていれば、疲れてしまう時もあります。

そんな看護や介護で疲れた人、人に奉仕しすぎて疲れてしまった時や、

愛しすぎて女性性が傷付いてしまったなんて時に、マゼンタは癒しになるでしょう。

 

ただ、きれいですけど、とても鮮やかで、派手な色でもあるので、
敬遠したり、苦手、嫌いと感じる時もあるかもしれません。

マゼンタの持つパワフルさに、ついていけない・・・

とても沈んで弱っている時に、かえってそういう風に感じる時もあるかもしれません。

そういう時は、マゼンタの補色、オリーブグリーンの方がぴったりするのかもしれません。
オリーブグリーンの深い緑は、森林にいるような落ち着いた気持ちにしてくれるし

居心地の良さを感じられ、恐怖を払拭して、安全を感じさせてくれるので
そういった静けさの中で十分に癒されてから、再びマゼンタを見ると、
その鮮やかな明るさ、パワフルな愛の光を受け入れることができると思います。

マゼンタはどちらかというと、今まさに前へ進もうとし始めた時
暗いところから脱出して、明るいところへ行こうと気持ちを切り替え始めた時
癒しになったり助けになる色だと思うのです。