ヒーリング

ヒーリングで石が砕けた話

 

秋分の日も過ぎて、エネルギーが変わってきました。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

私は、実はこの夏の終りから秋分にかけての、
激しいエネルギーに負けてしまってまして、
少しへばっております。ここ何日かはヘロヘロでした。

私はエネルギーに敏感すぎるので、このような宇宙のイベントで
わりといつもヘロヘロになってしまうのですが、
それはもう体質なのでそれも受け入れていますが、

今日は、身体とエネルギーについてのお話を、私の体験を交えてしますね。

実は私は腎臓が生まれつきひとつしかありません。
それでわりと疲れやすかったりするのですが、
でもまぁ、通常は普通に生活できるのです。
仕事もして手抜きながら家事もして^^;趣味のプールで泳いだりもするし
散歩もしたり、絵も描いて過ごしています。
ペースはすこし元気なお年寄りに負けている感じですけど、
私のペースで生きております。

ところがですね。それは2014年のことなのですけれど、
ひとつしかない腎臓が急に痛み出して、調べると結石ができていて、
そのせいで炎症が起きてしまって、急遽入院手術が必要になりました。
ひとつしかないので、通常より大変なわけです。

そして離島に住んでいるので、沖縄本島までヘリで搬送する、
というところまで行ったのですが、

この時、ヘリに乗るのがどうしてもいやだったので、
こういう時は痛みのあって集中しにくくて
通常は自己ヒーリングもしにくいのですけど、
ここはもう、一生懸命痛みの中、集中して頑張って、
自己ヒーリングしました。

すると、なんと、症状がいったん治まり、やや持ち直したので、
自分で動けるから!と主張して自力で船で7時間移動し
沖縄の病院へ行って手術をしてもらうことにしました。
これは看護士さんにもちょっと驚かれましたけど^^;もう必死だったので。

船が出るまでに当時、詰まっていたスケジュールの
キャンセルのための連絡をしたり
家を留守にするためにあちこちに手配をしたり、
と痛み止めしながら、忙しくしていましたものです。

そうなのですね。ほんとうにそれまで数年ずっと、
仕事に家のことに、ずっと休みなく頑張っていたのです。

入院して、久しぶりに、何日もゆっくり寝たし、
病院は食事も上げ膳据え膳でしたし
強制的な休暇を与えられた感じでした。

当時、セラピスト、ヒーラーとして仕事を頑張っていたのですが、
実はとても疲れていた、ということに
入院してはじめて、気付きました。

この仕事を始めて、軌道に乗るまでは・・・と
実は絵を描くことを封印して、何年も頑張っていたのです。

だけど、頑張れば頑張るほど、仕事は忙しくなって、
ますます絵を描くどころではなくなるわけです。

いつかいつかと思っているうちに絵を描くということが
自分の生活の中から消えてしまっていたことに
今更ながらに気付いて、愕然としました。

入院して、自分の生活を、いえ、生き方を見直せ
ということなんだなと

自分について考える時間をたくさん与えてもらいましたから、
自分が本当は何をしたいのか、見つめなおしたのでした。

セラピストとしての仕事も、私にとってはやりがいもあり、
自分の才能を活かせる大事な仕事だと思っています。
けれど、絵を描くことも、それ以上に
純粋に、楽しい!やりたい!と感じることでした。
子どもの頃から願っていたことでした。

二束のわらじ、2業にまたがるのは、両方成功させるのは
大変なことだと思っていたからこそ、絵は後回しにしていたのですが
このままずっと絵が描けないというのは、
ちょっと待った!と焦りが出てきました。

実を言うと、少し、このまま死んでしまうかも?
という恐怖も感じました。
実際に、手遅れになっていたら危なかったわけです。

その時に、このまま死ぬのは嫌だと思ったし、
それなら、これから絵も描いていこう。
と、入院中に決意したのでした。

不思議なことに、決意したすぐあとに、入院中の私のところに、
一通のメールが届きました。
日本人のアーティストを海外へプロモーションするという
今もお世話になっているアートディレクターの方からでした。
前に作っておいてあった放置ぎみの絵のホームページを見て、
連絡をくれたのでした。

このタイミングで!!
私の絵を認めてくれる人からの連絡にびっくり!!

病院のwifi可の休憩所の椅子の上で、
ノートパソコンを持ってドキドキしました。

明日には手術する、という時でした。

これはもう、私がこれから絵を描くことを再スタートしても良い
ということだなと思って
とても嬉しかったし、ベットの上でもしばらく興奮していました。

そして、俄然早く治って、帰りたい!という気持ちが高まりました。

幸い自分のための時間はいっぱいあります。
入院するまで、ほんとうに仕事と家事と子育てにフルマラソンのようで、
自分のための時間はほとんどなかったのですよね。

でも、これからは、自分のための時間、絵を描く時間を作るのだ!
と決意しつつ、自分のためにヒーリングをすることにしました。

腎臓の中にできた石に、光を当てて、石が浄化され、
小さく砕けるイメージングをしたのです。

はっきりと鮮明に、イメージングできて、
良いヒーリングができたなと思いました。

手術はもしかすると何回か必要かもと言われていて、
その時はまだどのくらいで退院できるとも分からなかったのですけど。

さて、そして迎えた手術の当日。
部分麻酔だったので、ややぼーっとしながらも
手術の様子をなんとなく聞いて隙間から見ていました。

すると、内視鏡を腎臓を見て、石を掴もうとした先生が、
「あれ?崩れちゃったよ」と呟いて
不思議そうに話しているたのを聞いたのです。
それはもう、内心ガッツポーズです。
ヒーリングが効いたのです!

どうやら内視鏡で取り出す予定だった、一番大きな石は、
取り出すまでもなく、掴んだら崩れてしまったとのこと。

粉々に細かくなってしまったので、あとは自然に排出できると
判断されて、予定よりも大幅に短い手術で、
もちろん追加の手術もなく、
あとは薬で炎症が治まれば退院、ということになりました。

この後は、炎症が治まったら退院して、帰ってくるのですが
それから、それまでのスタイルを根本から変えるために、
身体も心もデトックスがありました。

さらに通常の生活に戻れるまでには時間はかかるのですけど、
それも必要な時間でした。

家族は家事ができるようになりましたしね^^

あの入院、手術はたしかに私の生き方を変えるターニングポイントでした。

内省し、自分と向き合い、気付きを得て、
波動を上げて、イメージングすることで
腎臓にあった石も砕けてしまったし、
ヒーラーとしても自信を深めることができました。

そして、好きなことをすると決めたことが出来て、
人生が変わり始めたのでした。

これも必然の出来事だったなぁと思うのでした。

からだからのメッセージ

今、身体の不調が出やすく
休養や身体のケアが必要な時です。

あなたの身体には
どこか不調の出ているところは
ないでしょうか?

そんな時なので
今回、お話しようと思うのは
身体と心の関係について、です。

からだにどこか不調が出て来たとき
それはあなたの心が昇華できず
身体に蓄積してしまった結果
身体から、その問題にとりくみ
手放してほしいという
メッセージなのです。

物理、直接的な
原因がどうであれ、

どこにどんな風な不調が出るか
によって、
心のあり方の問題を読み解くことができます。

例えば、”頭痛”。

これは、自分の出来の悪さを
自分自身で責めていることが
スピリチュアル的な原因です。

自分への要求が高すぎて
理想どおりにいかなくて、
こんな自分はだめだと
自分自身を責め続けていると
頭痛もちになります。

自分からだけでなく
人からの評価に怯えていて
ダメだしされることを
ひどく恐れている、とも言えます。

人を導くことができるような
優秀なリーダーとならなければいけない
というプレッシャーに
押しつぶされそう、な時も

それができない自分を
自分で責めてしまって、
頭痛がしたりします。

他の人の期待に応えなければ
そういう自分でなければ
価値がない、と
思っている場合も同様です。

その裏側には、
ありのままの自分を
許せていない、ということ。

本当の自分を
受け入れられていないのです。

自分自身のものさしを持てず
人の価値感で自分を
判断しているとも言えます。

本当の自分を
取り戻して欲しくて

ありのままの
今のままの自分を
許して愛して欲しくて

からだは、
痛みというサインを
送ってきているのです。

理想の自分から
自分自身を解放して

ありのままの
等身大の自分を
愛することで症状は改善するでしょう。

ありのままの自分は
もしかすると、
理想の自分よりも
無分別かもしれない
軽率で、考えなしで

そんな自分はなんてだめなんだと
と、感じている自分を
許しましょう。

それはきっと
そう思わないといけない
環境にいたのです。

そんな自分を否定せず
ただ許して、愛してください。

実は
頭痛に苦しむ人の中には

いつも優秀であることを
求められ、でもできなくて
苦しんでいる
インナーチャイルドがいるのです。

自分の中のプレッシャーを与え続けらて
苦しんでいるインナーチャイルドへ

そのままでいいよ。
どんなあなたも愛しているよ、と
伝えましょう。

インナーチャイルドが癒されると
からだも癒されます。

私が参考にした本は

リズ・ブルボーさんの
自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

他の身体に現れる不調なども
調べられます。

秋分前のデトックスかも?

今きっと、いろいろな感情が
出てきている時だと思います。
体調を崩されている方も多いみたい。

大きなエネルギーの変わりの前は
そんな風にデトックスしてきます。

次の大きな切り替わりは
秋分です。
秋分の日という祝日ではなくて
秋分点という

太陽がこの点を通過する瞬間
日本では、9月22日朝に来ます。

反対にあるのは春分の日ですが
どちらもそれまでのエネルギーが
がらっと変わる日になります。

今年は特にその切り替わりが
すごいですから、

そういう切り替えの前は
いろいろな感情が出てくるのですが

これは、次のステージには
不要なエネルギー(感情)は浄化して
新しいエネルギーで生きなさいよ

という宇宙からの促しなわけです。

こういう時はとっても
眠くなります。

眠っている間に
新しいエネルギーを
ダウンロードしているのです。

体調を整え、
新しいエネルギーの
ダウンロードを終らせるために
よく休みのは大事なことですが

それと同時に、
古い、不要なエネルギーの手放しが必要です。

何が古くて不要なエネルギーなのか
分からない?と悩む必要はありません。

今、自動的にデトックスしているので
今浮き出ている感情こそが、
新しいステージにはそぐわない
古くて不要なものです。

自分を責めてしまう罪悪感とか、
自分なんかと思ってしまう自己卑下とか、

自分を否定したり、自分の価値を低くみる
ことで苦しくなる、
そんな感情が出てきているかもしれません。

自分が進みたいと思っている方向へ
先に進んで実現している人への
嫉妬も出て来やすいかもしれません。

羨ましい、妬ましいと感じるのは
そちらへ自分が行きたいと思っている
その方向を教えてくれています。

そんな自分を否定せず
責めずに、それを
受け止めて、確認する材料にしましょう。

そうした上で、
ありのままの自分で
十分にできると、信じること。
自分の価値を信じること。

そんな風に意識を変えることが
今、大事な時です。

デトックスしてきた感情を受けとめる
それは、
自分と向き合う時でもあります。

デトックスのエネルギーとともに
実は癒しのエネルギーも
宇宙から送られています。

しんどい時ほど
絶対に、癒しのエネルギーも
用意されています。

ありのままの自分を
私はこれでよし!と
自分で受けとめることができると

宇宙からの癒しのエネルギーも
受け取ることが出来ます。

デトックスの多い時は、
癒されるチャンスの時でもあります。

不要な感情は
受け止めて手放して

自分がほんとうにしたいことは何か
なりたいと魂から望んでいる
本当の姿を確認しましょう。

秋分の切り替わりの後に
輝ける未来を受け取るために

今、しっかりと取り組みましょう。

宇宙からのお知らせでした。

イライラを癒す3つの方法

このところ、
火のエネルギーが高まっている影響で
イライラしている人が多いみたいです。

そこで、イライラを癒すための
効果的な方法をご紹介します。

まずひとつめの方法は、

深呼吸をとにかく
ゆっくり深く長くしてみる。
10回から30回くらい。

深呼吸すれば落ち着くなんて
イージーすぎる方法
と、思うでしょうけど

まさしく、もっとも
簡単、シンプルに
イライラを癒す方法なのです。

酸素には波動を高める効果がある
と言われていますし

呼吸に意識をしながらするのは

今流行のマインドフルネスでも
昔ながらの瞑想でも
基本中の基本なのです。

吐く息、吸う息に意識して
スーハー、スーハー
それもなるべくゆっくり
くり返していると、

血圧だって下がっちゃいます。

もちろん、気持ちも落ち着いてきます。

まぁ、だまされたと思って
やってみてください。

もっともイージーでシンプルな
ひとつめの方法でした。

次は、イメージングと色の力を使いましょう。

イライラを鎮静化するのは
なんといっても
ブルー、青

カッカしている炎を
消すのは大量の水ですよね

イライラしている心にも

ブルーの水をイメージして

シャワーのように降り注がせてもよし

あるいは、

ブルーのシャボン玉をイメージして
みましょう。
ブルーの光で出来ているというイメージで。

そして、
その中に、自分を入れます。

ブルーのシャボン玉に
包まれているようなイメージですね。

シャボン玉の中に、
さらにブルーの光で満たします。
お水のようなイメージでもよいです

その中で、
ジャブジャブと
洗われちゃいましょう。

汚れが出てくるイメージがするかもしれません。
青い透明な光(あるいは水)が濁ったり
感じられたら、それは
イライラの元のエネルギーが
洗われて、出てきているということ。

何回か入れ換えて
汚れた青い光(水)を捨てて
きれいな青い光(水)を入れて
さらに、じゃぶじゃぶ洗いましょう。

すっかり透明に
すっきりきれいになったら
できあがり。

そこまでイメージできたなら
いつのまにか
イライラしている気持ちも
どこかに行っているでしょう。

これも簡単な
二つめのイライラの癒し方でした。

さて、三つ目の癒し方は
もう少しだけ難しいイメージ方法

イライラしているエネルギーを
紙のようにくしゃくしゃっと
丸めてしましましょう。

これをきれいな清流を思い浮かべて
その清流に流してしまうイメージをします。
あっという間に流されて見えなくなってしまいます。

あるいは、そのイライラを
マグマの煮えたぎる火山の火口をイメージして
その中へ放り投げてしまうイメージをしてもよいです。

きっと、あっという間に
燃えてなくなってしまいますよね。

そうやって、イメージの中で
イライラをどこかへやってしまったり
燃やしてしまうのも

イメージングによる
イライラ浄化方法なのです。

ホオポノポノでいう
クリーニングにもなります。

自分の中のネガティブなエネルギーを
イメージングによって
消してしまう、という方法です。

実はイライラだけでなく
あらゆるネガティブな感情を
浄化することができるのです。

深呼吸の力と
それからイメージングの力を
ご紹介しました。

イライラしたらやってみてください。

音楽で踊ってアートする

アートヒーリングの中には
音楽を使ったものもあります。

音楽を感じて、それを絵で表現する。

すると、そうでない時よりも
ずっとリラックスして
そして、ずっと躍動感の溢れる絵が描けます。

音楽の力で、表現力を高めるのですが

普段、抑圧していた感情を
素直に表現することができて

それもインナーチャイルドにとっても
癒しのひとつとなります。

インナーチャイルドは
永遠の”子供”なので

解放された心地よい状態
楽しい遊びに満ちた時間
制約されない自由でいることが
やはり、嬉しいのです。

インナーチャイルドが喜ぶと
インナーチャイルドは潜在意識ですから
心から楽しい状態を感じることができます。

ということで、
音楽を使ったアートヒーリングも
インナーチャイルドをいやすために
とても有用な方法なのです。

誰にも見られず聞かれず
秘密の保てる空間と時間があるとベストです。

心から解放して取り組めますから。

絵を描く道具は
ひとまず部屋の隅に置きましょう。

自分の好きな音楽を用意します。

ゆったりしたものでも
リズミカルなものでも、
自分が今聞きたいもの
好きなものであればなんでもOKです。

さぁ、その音楽を流してください。

そして、音楽に身を委ねましょう。

誰もが若い時に、若くなくてもしますね。
やったことがあるでしょう?

音楽を身体で楽しむのです。

踊りとかダンスになってなくても
かまいません。

即興的に、心から感じるままに。

音楽に合わせて
身体を動かしてみましょう。

もうこれだけで
ストレスは発散できるし

とっても楽しいですよね。

自分に、楽しむことを
許して取り組めば
音楽とダンス、これはもう

とても、素晴らしいヒーリング方法であり
セラピーです。

さて、でも、ここで終らせずに、
さらに、インナーチャイルドを喜ばせ

自分の眠っている表現力を
目覚めさせるために

描く力も使っていきましょう。

思いっきり、気が済むまで
音楽にのって、身体も動かしたら

そのままの勢いで
画材を広げたところへ行きましょう。

音楽はそのまま流しておきましょう。
今度は音楽に合わせて描くのです。

隅っこにおいて置いた画材を
真ん中の広いところへ
持ってきた方がなお良いでしょうね。

さぁ、今の気分は何色?
もちろん、どんどん色を変えてもOKです。

気分のままに
色の塗り重ねて、思ったままの
手が動くままに、線や色を描いてみましょう。

気が済むまで。
画面がいっぱいになるまで。

創作に熱中しましょう。

これはほんとうに、楽しいワークです。

自分の中のエネルギーを引き出し
活性化して、それを表現する

こんなにも自分の中の創造力が
素晴らしい爆発を見せて
作品を生み出してゆくことに

とても喜びを感じるでしょう。

創造性という
満たされて楽しい感覚を
味わうことができます。

インナーチャイルドはじめの一歩

インナーチャイルドとはなにか
というお話は以前にしましたが

インナーチャイルドってなに?

それでは、インナーチャイルドを癒すための
方法のひとつについて
今日はお話しましょう。

インナーチャイルドを癒すには
いろいろな方法がありますが

もっとも簡単な方法は
ホ・オポノポノでしょう。

近年、イハラレアカラ・ヒューレン博士が
ベストセラーを書いて
アメリカのみならず、全世界に広めていて
大変有名になった方法で

みなさんも聞いたことがあるのでは
ないでしょうか?

「ありがとう。ごめんなさい。
ゆるしてください。愛しています。」

という4つの言葉を唱えることで
過去の記憶がクリーニングされて
原因とされる意識が浄化されるので
問題が自然の流れで解決へ導かれる
というものですが、

これはもともと
ハワイのシャーマンに伝わる
伝統的な癒しの秘法から
生まれたものです。

ヒューレン博士も
ハワイのカフナである
モーナ・ナラマク・シメオナから
教えを受けて、
それをアレンジしたものが
よく知られた4つの言葉でクリーニングする
という方法なのですが

本をよく読んでみると
この4つの言葉は、
インナーチャイルドに向けて
つぶやくことで効果を発揮するのです。

ホ・オポノポノでは
「ウニヒピリ」と言われる存在が
インナーチャイルドにあたります。

インナーチャイルドに向けて、

ありがとう、と感謝を示し、
ごめんなさい、と謝って
許してください、と許しを乞い
愛しています、と伝えることで

そして、インナーチャイルドが
それを受け取ってくれてはじめて
癒しが起こるのです。

とても大事なことなので
「ウニヒピリ」という
インナーチャイルドについての本が
ヒューレン博士と、
モーナ女史の一番弟子・KR女史の
共著で出されています。

インナーチャイルドとの
ホ・オポノポノ流の付き合い方が
よく分かる一冊です。

ここでは、インナーチャイルドと対話しながら
一緒にクリーニングしてゆくことが
推奨されています。

詳しく読んでゆくと
インナーチャイルドをイメージすることが
とても大事なことがわかります。

そう、イメージすることが
とても大事だとお話ししましたが
インナーチャイルドを癒すためにも
イメージすることがとても有効なのです。

ですが!やってみると分かるのですが
インナーチャイルドをイメージし対話するには、
ある程度、イメージングの訓練が必要だったり、

インナーチャイルドが癒されていない状態では
落ち着いてイメージングできない
という問題があります。

そこで、登場するのが
もっとも簡単、と言った
ホオポノポノなのです。

ヒューレン博士が最初の本で
感情も入れなくてよい
ただ唱えるだけで・・・と言いましたが

まさに、ただ唱えることが
やはり、最初の段階では
簡単ですし、効果を発揮します。

だまされた、と思って
嫌な気分に陥ったり、
落ち込んだりしたときに、
(それはインナーチャイルドが
傷付いているからなので))
とにかく、4つの言葉を唱えてみてください。

もし「ごめんなさい」や「許してください」
という言葉がネガティブに感じた時は
「ありがとう」「愛しています」の2つ
あるいは、どちらかだけでもOKです。

ただただ呪文のように
ひたすら、ぶつぶつと
つぶやくのです。

お皿洗いながらとか、掃除しながらとか、
お散歩で歩きながら、
私はよくつぶやくことにしています。

無心になって呟けて良いです。

そうすると、
不思議とだんだんと
気持ちが落ち着いてきて

インナーチャイルドも落ち着いてきて

この段階になると
気持ちが落ち着けずできなかった
イメージングができるように
だんだんとなってきます。

簡単な問題でしたら、
呟いているうちに、いつのまにか
どうでもよくなったり、
問題自体が解決したりということも
よくあります。

というわけで、
もっとも簡単な
インナーチャイルドの癒し方
最初に一歩・初歩として
おすすめなのは、

ホ・オポノポノです。

またの機会に
別の方法を、またシェアしますね。

まずははじめの一歩
インナーチャイルドを
癒し始めてみてください。

イメージできることは進化

私たちは100年前よりも
ずっと進化しています。

どこを取って進化しているなんて
いっているのか?
というと、

もちろん、文化技術が進んでいることは
もちろんのことなのですけど、

なによりも、イマジネーションが
桁違いに豊かになっている
というところにおいてです。

もちろん、江戸時代の人の
イマジネーションも
とても豊かで趣が深いことは
残っている芸術品から分かるのですけど。

たとえば、
江戸時代の人に
自分が宇宙を飛ぶところ
イメージしてみて
と言っても
きっととても難しい。
想像することすらできないと
思うのです。

宇宙なんて
見たことがないから。

星空はあるでしょうけどね。
今よりもずっと美しい星空を。

でも、宇宙空間のイメージは
彼らにはきっと出来ないでしょう。

でも、現代を生きる私たちには
わりと簡単にイメージできると
思うのです。

テレビや映画など
動く映像で、しかも何度も

流れ行く星々など
宇宙空間を進むイメージを
見ているからです。

これはとてもすごいことなのだと
スピリットたちは言うのです。

想像できることは
創造することができます。
いつか。

遠くない未来に
実現することができる力を
想像できるという力が
後押ししてくれるのです。

自分の中の潜在意識も
イメージで変えることができます。

スピリットはそう教えてくれました。

人の体験も含めて
私たちが体験した膨大な記憶の情報が、
私たちの意識を作り上げていますが

その情報は、文字で
記憶されているわけではありません。

イメージで記憶されているのです。

例えば、一枚の絵について
言葉で説明するとしたら、
とても膨大なテキスト量が必要になるでしょう。

でも、一枚の画像にしてしまうと
言葉で表現できない細部まで
膨大な情報がそこに含まれています。

一枚のイメージは言葉より雄弁です。

それが動画だったりすると
もっともっと多くのことを
見せてくれますよね。

私たちは夢を毎晩みますが

夢は動画でみますよね。
ドラマのように映画のように

そういう状態で
脳の中に意識の記憶は
収納されているのです。

イメージは意識を表わします。

イメージできることは
実現は可能ですし
それが意識の変革だとしても

イメージができる
もっといえば、
ストーリーをイメージできるならば
意識の改革は可能なのです。

それが分かると、
イメージがより豊かになることは
すごい進化の底力を身に付けた
ということが分かります。

今の時代を生きる人たちは
ものすごく気軽に膨大なイメージの動画を
いつでも見ることができるようになっています。

様々な動画、しかもCGも駆使して
見たこともない映像を

これは、ほんとうにすごい進化を
もたらしてくれる礎になります。

新たな進化を手に入れるために
スピリットがそれを
サポートしているのだそうです。

人類を進化するために
スピリットたちは
全力サポートしてくれている。

私のスピリットは
そう教えてくれました。

はじめましてWakaです。

日本の南西、亜熱帯の南の島に住んでいます

癒し絵描き Wakaです。

子供の頃から寒いところは苦手、

温かくて海が見えるところに住みたいと願い続けていたら、

夫の故郷は奄美群島のひとつ沖永良部島でした。

そこはなんと平均気温22度の南の島!

沖縄本島のとなりのとなりにある鹿児島県の島でした。

 

 

偶然の一致、というよりも、天の配剤、宇宙の調整。

宇宙にお願いをしておいたら、そういう相手だったというわけです。

宇宙にお願いしておくと、ほんと、なんでも叶ってしまいますよね。

というお話は、また別の機会にお話するとして・・・

 

とにかく、そんなわけで、願いが叶って南の島へ移住して10年目。

現在、私は、一年中いつもハイビスカスが咲いている

南の島に住んでいるのでした。

 

さて、私は、

この南の島で ” 癒し絵描き ” をしています。

 

癒しをテーマにした絵、別名 ヒーリングアートとも言われていますね。

なにしろ、私のもうひとつの仕事はヒーラーなんです。

セラピストと言った方が分かりやすいでしょうか?

レイキなどが普及してきていますから、ご存知の方も多いかもしれません。

 

宇宙からの光のパワーで、トラウマや病や

インナーチャイルドを癒したり、

絵を描いて癒されるアートヒーリングも行ってきました。

 

そんなヒーリングのお仕事で感じた、

癒しのための光や、

メッセージをくれる聖霊たち(ガイドスピリットや女神たち)や、

傷付いた心の様子を見せてくれる

インナーチャイルドのイメージなどを、

絵にしています。

 

最近は、ヒーリングのお仕事から、

癒し絵を描くことをメインワークへ、少しづつ体重移動しているところ。

 

このサイトでは、癒し絵描きとしての観点から、

私の癒し絵を見ていただきながら、

ヒーリングの光の中のそれぞれの色の意味や、

子供の頃から見えない存在を感じやすい私が、

聖霊たちと対話してきたこと、

インナーチャイルドの癒し方や、

瞑想、グラウンディングの方法、

フラワーエッセンスや倍音ヒーリングなど

私が試してみたいろいろなセラピーについてや

現在暮らしている南の島での暮らし模様などを、

ご紹介したいと思っています。

 

とくに、目には見えないけれど、たしかに存在するものを

みなさまにお伝えできたらいいなと思っています。

 

私のフィルターを通したものですが、

私が描いた癒し絵を見ていただくことで、

あなたの中の癒しが必要な部分と共鳴して、

なにかしら苦しみや悲しみが癒されたら、

とても嬉しいです。