スピリチュアル

切り替え前は復習するもの

10月に入ってもう5日、そして明日6日は満月ですね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
9月の終りからこの時期、体調を崩されている方が多いようです。
そういう私も体調を崩していまして、
更新が久しぶりになってしまいました。

たぶん、10月の10日に大きなエネルギーの切り替わりがあるので
その前だから、魂が学んできたこと、クリアしてきたことを
振り返り、復習するエネルギーになっているのです。

私の場合は、ちょうど前回の記事でお話した
ターニングポイントとなった入院、手術した時の
振り返りをしていたようです。

同じように入院が必要になるというほど重症ではないのですが
久々に起きていられずPCを立ち上げることもできない位の
ひどい体調の悪さで、何もできない焦りなどがやってきて
動けない停滞状況で不安、恐れなど感じていました。

なるほど、これは、まさしく復習だなと思ったものです。
それくらい、なんだか当時と似たような気持ちが出てきて
そうそう、こういう気持ちは手放すのみ、と
出て来たものをひとつずつ点検して手放している感じでした。

やっとかっと少し抜けてきて、体調も戻ってきました。
明日は満月ですし、切り替えの10日が近付いてきていますから
なるほど、やはりそこに合わせているのだなと
納得するのでした。

このように、まるで学期末とか学年末のように
ある期間の振り替えし、総復習、確認をさせられる時期が
必ず、やってきます。

学校の勉強みたいですけど、まさしくそのように
区切りごとに、切り替える前に期末試験のように
振り返りはやってきます。

だいぶ前に手放したはずのインナーチャイルドが
久しぶりに感じられて、あれ?前に手放したはずなのに
と思うことがあったら、それはそのような
振り返り時期に復習をしているのです。

宇宙やスピリットは、本当に、徹底的にきっちり
魂の進化を促して、導いてくれるのです。

復習をさせて、理解しきっていなかった弱点を洗い出したり、
ちゃんとクリアできてないところを浮き上がらせて
もう一度、きっちり理解させ手放しをするのために
そういう機会を設けてくれている、というわけです。

このエネルギーの切り替え、というのが、いろんな種類の切り替えが
わりと何度も何度も、やってくるので、1年の復習だけじゃなくて、
このテーマは2年ぶりの切り替わり、とか8年ぶりの切り替わり、とか
場合によっては60年ぶりなんて年数の切り替わりが誰もがあります。

個人的な周期もありますし、ジェネラル(全般)的な周期もあって
違うテーマの振り返り時期が重なる時期まであったりします。

大変だなぁと思うけれど、
勉強だって復習しないと忘れちゃうから、
復習は大事って学生の時に学んでますよね。

魂の進化のための学びについても同じこと。
復習することでより定着させ、より精度を高めてゆくのですね。

とはいえ、復習ですから、だいたいは前にやったこと。
前に手放しに取り組んだことですから、その時にしっかりと
手放しできていることは、あぁ、これは前にやったことね、と
たいていは、あぁ、これ前にやった、こうして手放せばよいのだった
と思い出すだけで、すんなり済んでしまいます。

もし、手放すためのワークが必要な場合は、
手放しきっていない部分が残っていたのですね。

癒しは玉ねぎのように、一皮むくと次の一皮が出てきて
何度も剥いて剥いて、だんだん小さくなっていくもの

小さくなっている芯の部分が残っていたのですね。

なので、時々、この振り返り時期の手放しワークをすると
とっても深い、重要な癒しを感じることがあります。

深い深いところに隠れていたインナーチャイルドが
やっと出てくる、ということもあるのです。

だから、振り返り、復習と言っても、大事な手放しの機会なのです。
前に手放した時よりも、深い深い癒しを感じて
ほんとうにすべて手放せた、という感じがすると、
復習ってとっても大事な必要なことだなぁと思います。

前回やった時よりも、より深く、より大きな
手放しと癒しを体験して、魂はより進化し
波動を上げて、切り替えを迎えたとき、
新しいエネルギーの流れに乗って、次の段階へ進むのです。

暗闇にかがやく光

スピリットガイド?
ガーディアンスピリット?
ハイヤーセルフ?
あるいは、守護霊?
守護天使?聖霊?

どんな言い方でもいいですけど

ほんとうはちょっとそれぞれ役割や
存在の意味がちがうのですけど
それはまた別の話しで。

とにかく実体のない
魂だけの存在としての
「彼ら」のことです。

通常は見えないけれど、
実体はないけれど

あなたを守るために
そばにいる存在が
必ず、誰にでもいるのです。

小さい頃は見えていた
という人も多いようです。

実際、私の子供たちも
5歳くらいまでは、
この光っているものがいるのは分かる?
と聞くと、ちゃんと認識していました。

大人になっても
見えようとすると見えるけれど
見ないでスルーしている人も多いし

そんな存在はいない
と決めつけている人もいます。

それでも、かれらはそばにいるし
見守ってくれているし、
必要なサポートはしてくれているのです。

もし、あなたは
自分自身を守って導いてくれている
彼らを感じたいと思ったら

部屋を真っ暗にしてみてください。

そして、寝っころがって
天井をじいっと見てください。

もやもやとキラキラと
形の結ばない、もやのような
光ではない光のような

暗闇に浮かぶものを
見ることができるかもしれません。

かなりの確率で
多くの方はこの方法で
感じることができています。

ゆらゆら?もやもや?
この見え方は人によって
ちがうかもしれません。

その動いている光の塊が
”彼ら”です。

イメージとして人型で
見ることができる人もいますし
声を聞くことができる人もいます。
訓練すると、できるようになる
ということもあります。

とりあえず、訓練しなくても
見たいと思う人には

そういう方法で
光としてみることが
簡単にできると思います。

「あなたがいつも見守って
そばにいてくれているのですか?」
と話しかけてみてください。

きっと何らかの方法で答えてくれます。

光がうようよっと動いて
イエスってなんとなく言っている気がする。

と、そんな感じで十分です。
それが分かったら、

「いつもありがとうございます。」

と、ぜひ彼らに
御礼してあげてください。

人によっては、
光が強く瞬いて、
まるで喜んでいるように
見えるでしょう。

ときには、そうすることで
対話が出来る人もいます。

彼らは、話しかけられると
とてもとても喜びます。

呼んでくれた?
マイダーリン!
愛しているよ!

まるでずっと思い続けた
愛しい思い人がやっと振り向いてくれた
かのように、喜んでくれます。

だって、本当に

彼らは、自分たちが守っている
私たちのことが大好きなのです。

彼らからの無条件の愛を
感じるだけで、癒されます。
感謝でいっぱいになります。

そして、彼らに感謝を伝えることが
彼らにとっての喜びになりますから

ぜひ、感謝してあげてください。

暗闇にするのは、
そうすると見えやすく、
感じやすくなるだけで、

本当は、明るい時も
いつでも、どこでも、

かれらはそばにいるのです。

そして、話しかけたり、質問されたり
お願いされることを彼らは待っています。

とりあえず、認識できたら
話しかけてみてください。

まずはそこから。。

対話を始めると
とても素敵なミラクルが
始まるかもしれません。

白は色がない?

久しぶりに色の意味シリーズにもどります。
今日は、「白」について。

花嫁が着るのは純白のドレスは基本ですし
真っ白な雪は美しいですね。
そんなのイメージから

とても清浄で、純粋なもの
というイメージがします。

何ものにも染まっていない
という意味あいもあります。

実際、色の意味は、
純粋さ、清浄さ、清らかさを表わします。

無垢で清純な強さがあります。

さて、「白」という言葉を調べると
色が付いていないという意味があり
色の分類でも、黒とともに
無彩色といわれたりもします。

色がないと言われますが
意味は”ない”わけではないのです。

実際には、その反対で
すべての要素を含んでいる
という万能の色でもあります。

光の三原則でいうと、
赤、黄、青の原色の光を重ねると
透明、クリアホワイトになります。

何もない、というより
すべてを含んでいるのです。

そして、光を一様に反射して、
もっとも明るく、
周囲を照らす効果があります。

すべての色を合わせると白くなる
そんな白には、あらゆるレベルの浄化
という意味があって、

癒しの意味でもパワフルなのです。

溜まった涙を流させてくれて
清らかな気持ちに、リセットしてくれる
そんな作用があります。

とても繊細で、感じやすい
ということも表わしています。

反面、この色のネガティブな意味は

繊細さも表わす色ですが
ほんの少しの汚れも目だってしまい
それを嫌うという意味のあるので、
完璧主義の悪い面

少しのことも許せない
寛容さが足りない状態を
表わしたり、

過去の習慣を捨てられないで
頑固に変われない、とか

自分がいつまでも未熟に感じられ
準備が整っていないので
”出来ない”と思い込んでいる

ということを表わすこともあります。

また、潔癖すぎる
という意味もあります。

細かいことを気にしすぎていて
強迫観念に苦しんでいるという
意味もあります。

白が癒しとして使われるときは

苦しみや葛藤を取り除き、
困難な状況にも立ち向かえる勇気を
与えてくれます。

自分を神聖な存在だと
感じることができるようになります。

自分の思うとおりのものを
自由に選ぶことができるよう
サポートしてくれます。

また自分自身への過剰な期待に
苦しむことを手放し、
あるがままの自分を
受け入れるようにしてくれます。

体じゅうに蔓延った
過去からの嫌な記憶を
清めてくれるパワーもあります。

曇りや穢れを祓ってくれるのです。

イメージできることは進化

私たちは100年前よりも
ずっと進化しています。

どこを取って進化しているなんて
いっているのか?
というと、

もちろん、文化技術が進んでいることは
もちろんのことなのですけど、

なによりも、イマジネーションが
桁違いに豊かになっている
というところにおいてです。

もちろん、江戸時代の人の
イマジネーションも
とても豊かで趣が深いことは
残っている芸術品から分かるのですけど。

たとえば、
江戸時代の人に
自分が宇宙を飛ぶところ
イメージしてみて
と言っても
きっととても難しい。
想像することすらできないと
思うのです。

宇宙なんて
見たことがないから。

星空はあるでしょうけどね。
今よりもずっと美しい星空を。

でも、宇宙空間のイメージは
彼らにはきっと出来ないでしょう。

でも、現代を生きる私たちには
わりと簡単にイメージできると
思うのです。

テレビや映画など
動く映像で、しかも何度も

流れ行く星々など
宇宙空間を進むイメージを
見ているからです。

これはとてもすごいことなのだと
スピリットたちは言うのです。

想像できることは
創造することができます。
いつか。

遠くない未来に
実現することができる力を
想像できるという力が
後押ししてくれるのです。

自分の中の潜在意識も
イメージで変えることができます。

スピリットはそう教えてくれました。

人の体験も含めて
私たちが体験した膨大な記憶の情報が、
私たちの意識を作り上げていますが

その情報は、文字で
記憶されているわけではありません。

イメージで記憶されているのです。

例えば、一枚の絵について
言葉で説明するとしたら、
とても膨大なテキスト量が必要になるでしょう。

でも、一枚の画像にしてしまうと
言葉で表現できない細部まで
膨大な情報がそこに含まれています。

一枚のイメージは言葉より雄弁です。

それが動画だったりすると
もっともっと多くのことを
見せてくれますよね。

私たちは夢を毎晩みますが

夢は動画でみますよね。
ドラマのように映画のように

そういう状態で
脳の中に意識の記憶は
収納されているのです。

イメージは意識を表わします。

イメージできることは
実現は可能ですし
それが意識の変革だとしても

イメージができる
もっといえば、
ストーリーをイメージできるならば
意識の改革は可能なのです。

それが分かると、
イメージがより豊かになることは
すごい進化の底力を身に付けた
ということが分かります。

今の時代を生きる人たちは
ものすごく気軽に膨大なイメージの動画を
いつでも見ることができるようになっています。

様々な動画、しかもCGも駆使して
見たこともない映像を

これは、ほんとうにすごい進化を
もたらしてくれる礎になります。

新たな進化を手に入れるために
スピリットがそれを
サポートしているのだそうです。

人類を進化するために
スピリットたちは
全力サポートしてくれている。

私のスピリットは
そう教えてくれました。

日蝕の影響

日本では、8月22日3時30分に
獅子座の新月で日蝕が起こります。

なぜ日蝕の話し?
といいますと、

私たちは、天体からの見えない影響を
いつも受けている、
ということを
今日はお話しようと思います。

日蝕があるので、ちょうどいいかなと。

月蝕や日蝕前は、必ず、
心身ともに不安定になりますから

皆様も感じていらっしゃるのではないでしょうか?

感情的にデトックスしてきたり、
特に今回の配置では
とても深いところから気付きがあって
癒されている方が多いようです。

宇宙はこの時期に
私たちに気付きを与え
変容させようと
そういうエネルギーを送っています。

私は見えないエネルギーに
とても敏感なもので

最初はほんとうに
意味も分からず
体調不良になったり
心が不安定になって
どうしたものかと思ったものですが

ある時、これはもしや

宇宙から降り注いでくる
エネルギーと関係しているのでは?
と思ったのです。

というのも
私は、空からきらきらした光の粒子が
降り注いでいるように
いつも見えているのですけど

自分が不安定になるとき
その空からの光の粒子が
強まっているように見えるからです。

そして、その空模様というのは
月や太陽、もっというと
金星、火星、水星、土星、木星、
冥王星、天王星、海王星の動きと
連動しているようなのです。

といっても、私はそれほど
精度が高いわけでもなく

ただ、降ってくるエネルギーが
いつもより強いなとか

シャワーみたいな浄化っぽい
エネルギーかなとか

愛に満ちたエネルギーみたい

とか、なんとなく
感じが分かるだけなのですけど

セラピストの仕事を始めて
多くの方とお話することで

なるほど、自分だけでなく
みなさん、宇宙からの影響を受けて

不安定になったり
気付きが多くなったり
イライラしたり、癒されたり
するのだなぁと分かってきたのです。

特に、蝕の日というのは
とってもパワフルです。
その日だけでなく
数日前から、高まってきて
当日ピークを迎えます。

そして、いつも
隠れていた感情が浮き出てきて
大きな浄化が起こる
とても良い機会になるのです。

最初は、それが
怖い、大変だからいやだと
思ったものですけど

でも、分かってきたのは
それを受け入れて
自分の浮き出てきた感情と向き合って
向き合うことで癒されて、浄化されるまで
そのエネルギーとともにあると

ひとつクリアできて
進化できて、成長できます。

宇宙はそんな風に
時々、私たちを心身ともに
デトックスされてくれて
すっきりリフレッシュさせて
成長させてくれる
イベントを用意してくれています。

それがいつくるのが
そのイベントはどんなものかを
解き明かすのが占星学なのですが
それはまた別の機会に。

蝕、蝕だけでなく
星々からのエネルギーは
宇宙からのギフトなのです

パソコンを知ると魂は進化する

私の小さい頃から何かにつけて
光っている精霊(以後スピリットと言います)
と対話していると以前お話しましたが、
過去に彼らが私に教えてくれたことから
いくつか、そのメッセージをお話します。

それはまだ、今ほどパソコンが普及していなくて
携帯電話も一部の人が仕事で持ち始めた
という頃でした。

私はもう大人で、その頃はお勤めしていました。

グラフィックデザインの仕事をしていて
デザイン作業が手作業から
コンピューターに移行し始め
おそるおそる使い方を
教えてもらい始めたところでした。

私はもともとアナログ人間で
デジタルは苦手だったのですけど

私のスピリットは、ある時
私にこうレクチャー始めました。

「パソコンの使い方を学びましょう。
素晴らしい発展をあなたにもたらすもので
これからのあなたに必要不可欠です。」

というので、仕事のことかな?
とすぐに思いました。

たしかに、これから
グラフィックの世界はほとんどのことが
パソコン作業になりそうな気配、

2017年の今はすっかりそうなっています。

当時は、それが見え始めたところで
会社からもデザイナーは全員
パソコンの使い方をマスターすることを
厳命されて研修に行ったりと
それはもう、必死で覚えていましたから

それもそうらしいのですけど

スピリットは仕事のためというよりも

「魂が進化するために
パソコンの使い方を覚えましょう」
と言ったのです。

この道具の使い方を
マスターすることが大事なのことだと
というのでした。

パーソナルコンピューター
のあり方を知って、
それを使うことで、

宇宙の在り様が分かってくる
魂と宇宙がどう繋がって
どうなってゆくのかが分かるようにあんる
その為には、必須だと言うのです。

スピリットいわく

人の魂は、それぞれネットに繋がった
パソコンのようなもの

ハード(身体)があって
OS(自律神経かな)があって
そして、それぞれその人に必要な
プログラム、アプリ(個性、特性かな)が
組み込まれていて動いているけれど、

時々、バグが起こって
フリーズしたり、
修理が必要になったりするし、

使わなくなったアプリは捨てたり、
必要になるアプリを足したり
することができる。

上(宇宙)が切り替わったときには
一緒にバージョンアップが必要になったりする。

そういえば、ウィルスに感染したら
病気になってしまったり
それを予防したり駆除する
必要があるところもそっくりですね。

そして、それは
見えないネットワークで繋がっていて
それぞれが契約しているサーバーに
所属していて、

魂にはグループがあり
グループごとに
繋がっているということのようです。

このグループが
ソウルメイトやソウルファミリー
ということかなと思います。

そして、ネットを通して
バージョンアップしたり

時にはプログラムを変えることで
自分自身に変化をもたらす。

そうやって、
それぞれの意識、
魂が進化する時代になるだろう

だから、コンピューター、
ネットワークを勉強しましょう

と言われたのです。

それで、四苦八苦がんばって
使い方を覚えて、
自分でサイトを作るときも
プログラムを変えたりするくらいは
出来るようになりましたが

多くの人々が
ほんとうにごく普通に
パソコンやネットを使うことが
当り前になってきたことを

本当に驚いたとともに
確かに使うようになって

そういうことか!

とスピリットが言ったことが
腑に落ちたのです。

人のあり方、魂のあり方、
その進化の仕方、
宇宙との繋がり

それは本当に、
パソコンとネットワークのようだと
今はとてもよく分かるのです。

良し悪しもあろうかと思いますけど
圧倒的に人々を進化させています。

そして、その意識も。

人々はネットで情報を得て
気付いて、自己表現をして

そして、進化しようとしています。

スマフォの普及でますます
その傾向が強まっています。

それぞれ、より簡単に
より自由に
自分を表現して
そして、楽しく豊かに
暮らすことを

パソコン(スマフォ)と
ネットは、可能にしようとしています。

魂についても同じこと。

そう重ね合わせてイメージしてみると
とても現代の人には分かりやすい。

それが分かるのは、
パソコンとネットを使えるようになったからです。

すると、
「分かるために宇宙に用意された」
とスピリットは言うのです。

もちろん人間が発明し続けて
開発し続けて、この現実を
創造してきたのですけど

スピリットたちは見えない調整をして
見えない応援をして、
たとえばインスピレーションをもたらすとか、
そうなるように仕向け導いてくれているのです。

そう思うと、
やっぱり今、私たちは
すごい時代を生きているんだな。

すでに宇宙から恩恵を受け取っているんだな
と分かりますね。

これは、
私が、18年前に受け取った
メッセージでした。

紫の色の意味って?

色の意味にもどります。
赤、青と続いて、
今日は、紫の意味をお話します。

絵の具で色を作るとき、
赤と青を混ぜると紫になります。

色からの癒し、色の意味
として考えると
これはとてもおもしろいことです。

なぜって、赤は情熱、エネルギー
という意味があると
前にお話しましたし、
青は、冷静さ、浄化、鎮静作用
があると、お話しました。

赤と青は正反対の対の関係です。

その正反対の意味を持つ
反対同志を混ぜた紫は
というと、

どんな意味があるかというと

高貴だったり、上等なという
意味もありますが
神聖なるもの、とか
スピリチュアルなもの
という意味があるのです。

情熱と冷静さと
合わせたところに
スピリチュアルなものへ
変化してゆく

もうひとつ上の次の次元へと
進化したようなイメージです。

赤には物質という意味があり
青には精神性という意味があります
それを合わせると
スピリチュアルなもの

スピリチュアルは、
一般的に言われるように
ふわふわした血に足がついていない
幻想みたいなイメージの人も
いるかもしれませんが、

色の持つ意味が示しているのは、

精神性だけでなく
物質、現実も伴った
心と体が合わさったもの

もっと地に足がついたもの
それがスピリチュアルだと
教えてくれているのです。

チャクラでいうと、
頭の頂き、
クラウンチャクラに対応しています。

クラウンチャクラは
宇宙やスピリットと繋がるところです。

他にもヴァイオレットには
混乱を沈め、
慌しい心をきれいにし
やっかいな頭痛や偏頭痛を
軽減する効果もあると言われています。

抑圧や古いパターンを壊し
スピリチュアルな向上を促します。

紫のネガティブな意味では

混乱や、不安、
自分を抑圧しすぎる、
自己破壊の傾向。
今いるところに嫌気が差している
現実と非現実の見分けができない
などの意味がありますが、

紫を使って癒すことで
これらの要素を手放す
サポートになります。