イライラ

子育てとインナーチャイルド

私のインナーチャイルドのセラピーで
もっとも依頼の多い世代は、子育て世代の方です。

というのも、自分が子供を持って
親になると、余計に
より強く、インナーチャイルドが
存在を主張するからです。

インナーチャイルドというのは
子供の頃の傷付いた記憶のことですが
大人になっても癒されないままに
傷付いたままのインナーチャイルドがいて
そのまま、自分が親になった時

たとえば、自分が子供の頃
親からスキンシップを
十分に受けられず、
抱きしめてもらえず
寂しい思いをした
インナーチャイルドがいるとすると

自分自身が子供を持って
自分は寂しかった分
スキンシップもしっかり持って
愛して育てようと
頭で思っていたとしても

いざ、泣いている子供を
抱きしめようとした時

なぜか逆に、とてもイライラして
なぜ泣いているの?
甘えないで!
と、怒りが湧いて出てくることさえあります。

子供から手を伸ばして
触れようとする手を
払いのけてしまうことさえ
意識とは別に、
そう思わずしてしまうことがあります。

そうしてしまうことで
自分でとてもショックだし
悲しい思いをします。

子どもを傷付けてしまったことで
余計に苦しい思いをします。

それで悩まれて
インナーチャイルドを癒したいと
ご依頼をいただく方が多いのです。

みなさん、自分のインナーチャイルドと
向き合い、癒すことで
だんだんと、子どもにイライラしなくなります。
怒り過ぎることもなくなります。

そもそも、子どもに感じる
イライラや怒りは、

抱きしめてもらえなかった
インナーチャイルドが
癒してもらうことを
訴えてきているシグナルのようなものです。

自分の子どもの存在は
自分のインナーチャイルドにとっては
癒してもらうための絶好のチャンスを
与えてくれる存在となります。

不思議と、現在の子どもの様子と
自分のインナーチャイルドの様子と
リンクしています。

不機嫌に泣いてばかりだったり
言うことを聞かないで
暴れるばかりだった子どもが

親の方がインナーチャイルドのワークをして
怒りや悲しみを吐き出して、
癒すことができて、
ほっとすると、

それだけで、
現実の子どもの様子が
変わってきます。

お母さんが落ち着いて
ご機嫌でいることを
感じ取っているから
かもしれませんけど

そんな不思議なリンクを
インナーチャイルドを癒すと
感じることがあります。

すぐには変われないかもしれません。
でも、続けて、取り組み続けて、
自分自身で抱きしめて、
癒されてくると、
必ず変化してきます。

ある日、抵抗なく、
自分の子どもを
抱きしめることが
できるようになるのです。

自分の子どもに
つい怒り過ぎてしまう
イライラしてしまう
抱きしめてあげることができない
そう悩んでいるお母さん、

ぜひ、自分自身の
インナーチャイルドを癒すことに
取り組んでみてください。

きっと、自分自身も
子どもも、今よりもずっと
愛と幸せを感じることができるようになりますよ。

イライラを癒す3つの方法

このところ、
火のエネルギーが高まっている影響で
イライラしている人が多いみたいです。

そこで、イライラを癒すための
効果的な方法をご紹介します。

まずひとつめの方法は、

深呼吸をとにかく
ゆっくり深く長くしてみる。
10回から30回くらい。

深呼吸すれば落ち着くなんて
イージーすぎる方法
と、思うでしょうけど

まさしく、もっとも
簡単、シンプルに
イライラを癒す方法なのです。

酸素には波動を高める効果がある
と言われていますし

呼吸に意識をしながらするのは

今流行のマインドフルネスでも
昔ながらの瞑想でも
基本中の基本なのです。

吐く息、吸う息に意識して
スーハー、スーハー
それもなるべくゆっくり
くり返していると、

血圧だって下がっちゃいます。

もちろん、気持ちも落ち着いてきます。

まぁ、だまされたと思って
やってみてください。

もっともイージーでシンプルな
ひとつめの方法でした。

次は、イメージングと色の力を使いましょう。

イライラを鎮静化するのは
なんといっても
ブルー、青

カッカしている炎を
消すのは大量の水ですよね

イライラしている心にも

ブルーの水をイメージして

シャワーのように降り注がせてもよし

あるいは、

ブルーのシャボン玉をイメージして
みましょう。
ブルーの光で出来ているというイメージで。

そして、
その中に、自分を入れます。

ブルーのシャボン玉に
包まれているようなイメージですね。

シャボン玉の中に、
さらにブルーの光で満たします。
お水のようなイメージでもよいです

その中で、
ジャブジャブと
洗われちゃいましょう。

汚れが出てくるイメージがするかもしれません。
青い透明な光(あるいは水)が濁ったり
感じられたら、それは
イライラの元のエネルギーが
洗われて、出てきているということ。

何回か入れ換えて
汚れた青い光(水)を捨てて
きれいな青い光(水)を入れて
さらに、じゃぶじゃぶ洗いましょう。

すっかり透明に
すっきりきれいになったら
できあがり。

そこまでイメージできたなら
いつのまにか
イライラしている気持ちも
どこかに行っているでしょう。

これも簡単な
二つめのイライラの癒し方でした。

さて、三つ目の癒し方は
もう少しだけ難しいイメージ方法

イライラしているエネルギーを
紙のようにくしゃくしゃっと
丸めてしましましょう。

これをきれいな清流を思い浮かべて
その清流に流してしまうイメージをします。
あっという間に流されて見えなくなってしまいます。

あるいは、そのイライラを
マグマの煮えたぎる火山の火口をイメージして
その中へ放り投げてしまうイメージをしてもよいです。

きっと、あっという間に
燃えてなくなってしまいますよね。

そうやって、イメージの中で
イライラをどこかへやってしまったり
燃やしてしまうのも

イメージングによる
イライラ浄化方法なのです。

ホオポノポノでいう
クリーニングにもなります。

自分の中のネガティブなエネルギーを
イメージングによって
消してしまう、という方法です。

実はイライラだけでなく
あらゆるネガティブな感情を
浄化することができるのです。

深呼吸の力と
それからイメージングの力を
ご紹介しました。

イライラしたらやってみてください。

疲れに効くフラワーエッセンスは?

昨日に引き続き、
フラワーエッセンスについて。

今日もとても暑かったのですが、

いつもは暑い昼日中出歩いたりしませんが
今日はお盆で、お墓参りに行きました。

疲れると分かっていても、
しなくてはならないこともありますよね。

ちなみに奄美の離島のこちらの
お盆というと、

夕方からでOKなのですが
お墓の前で作ってきたご馳走を
家族で広げて食べるのです。
お墓の前でハイキングみたいに。

ちょっとびっくりな風景ですが
どこの家も同じように
お墓の前で敷物を広げて
ハイキング状態です。

そのため、お墓の前には
ちゃんとスペースが用意されています。

近所のお墓は、もちろん
みんな知り合いや親戚なので
それぞれ持ち寄ったご馳走を
分け合ったりして
大変賑やかです。

お墓の前でハイキング、
ちょっとびっくりですが
ここでは当り前の風習なのでした。

そんなわけで、今日は、
お墓参りのためのご馳走を作るため
暑いなか汗をかきながら
台所に何時間も立ち、料理をし
作ったご馳走を折りに詰めて
お墓参りしてきたわけです。

本題はここからでした。

そう、疲れると分かっていても
しなくてはならないときもある。
そして、案の定、
帰ってきたら、もうヘロヘロです。

そんな時にしゅたっと取り出す
フラワーエッセンスは

「オリーブ」なのです。

フラワーエッセンスの
オリーブは、花の房を搾取し
太陽光で作成されたものです。

身も心も疲れ果て
エネルギーが残っていない
と感じられる時に摂取することで

疲れた心に平和と活力を
取り戻させてくれて、
きちんと休養をとれるよう導き
回復をサポートしてくれるのです。

闘病生活や回復期、
仕事で休みが取れなくて
疲れがとれない時などに
ぴったりです。

私も数年前に病気をしたので
闘病中、回復中に
オリーブをよく使いました。

疲れ果てていると
周囲に気持ちを配ることもできなくて
イライラしたり、気持ちが荒れることもあります。

お母さんだったりすると、
子供に当たったりしてしまって、
そんな自分が嫌になって責めたりもして、
そんな時は、ほんとうに辛いですよね。

一緒にレスキューをとると
落ち着いて余裕が出来て
周囲を見ることができるようになります。

また自分を責めてしまうときには
「パイン」も合わせてとると良いです。

私は今日は、オリーブと
レスキューを入れたお水を
しっかりといただいて
休息をとります。

それでは、
みなさまも大変暑い日が続きますが、
工夫して元気に過ごせますように!