虚空に浮かぶ光

子供の頃から、
空を見上げるように顔を上げたあたりの虚空に
光の塊が浮いていて、きらきらと瞬いて見えました。

 

 

その光は、幼い私のおしゃべりの相手でした。

 

幼い頃から両親はずっと不仲でしたが
7歳の頃には、ついに離婚して、
それまで母と弟と母子家庭状態で暮らしていたのに
たまにしか現われなかった父親が再婚し
そちらに引き取られました。

それを機に、祖父が住んでいた近くへ引越し
学校も転校することになり、
環境が激変したのです。

 

すぐに新しい環境に馴染めるわけもなく、
当時、私はとても孤独だったのだと思います。

 

そんな孤独な子供を慰める存在が、
虚空に浮かぶ光でした。

 

寂しい思いをしていると、
話しかけてくれたし、
大丈夫、と慰めてくれました。

 

その頃の私の定番の居場所は
近所にあった観音立像のそば。

 

観音様の台座に、罰当たりにも座って
夕日が沈むのを眺めながら
光とおしゃべりしていたものでした。

 

 

さて、これは私の脳が作り出した
幻想かもしれません。

 

 

もともと、私の目には、
空からきらきらと光の粒子が
絶えず降り注いでいるように見えています。

 

最近知ったのですけど、
発達障害の人に、そんな風に知覚する人が
たまにいるらしいのです。
脳の知覚異常の一種と知って、
驚きましたが、納得もしました。

 

私は少し発達障害の気がありましたから。

 

音や匂いにも敏感で、
大きい音、強い匂いには耐えられません。

それが原因で機嫌が悪くなるのは、
発達障害児によくあることだと
これまた、大人になってから知りました。

 

分かりやすいところでは、
算数と片付けが壊滅的に出来なくて、
よく怒られていました。
忘れ物もよくしていました。

 

小学生の夏の、
プールの授業の初日に
とても楽しみにしていた私は、
水泳道具だけいそいそと持って、
ランドセルを忘れる・・・
なんてこともしてました。

 

大人になって今でも時々、
けっこうびっくりなうっかりミスをします。

 

そんな発達障害が見せる
マジックだったかもしれないのですけど、

 

でも、その光が話し相手となり私を慰め、
私に道を示してくれた存在だったことは
まちがいないのです。

 

なんども不思議な導きや救いを体験しましたし
大人になって挫折した私の人生を立て直す
レクチャーを施してくれたのも
彼らでしたから。

 

彼らはいつも私の先生であり、
友人であり、家族縁の薄い私の
魂の家族のような存在でした。

 

そんな光の存在を
守護聖霊とか、ハイアーセルフとか
スピリットガイドと言われるものではないかと
大人になって、スピリチュアルについて勉強した
私は考えました。

 

 

光は、自分以外のすべての人にも同じように、
頭上にいて瞬いているのです。

 

たいていの人は、私のように見えないようだけれど
みんなの頭上にもいるのにな、と
思って見ていました。
話しかけたら応えてくれるのに、と。

 

ヒーラーになった私の仕事のひとつに
そういった存在を感じる方法、
対話する方法をレクチャーしたり、
光の存在からのメッセージを伝える、
ということもしています。

 

そして、そういった存在を
絵にすることで、感じていただけないかなと
癒し絵にしています。

 

幻想かもしれないけれど、
それでもよいのです。

 

助けになり、慰めになり、癒しになるのでしたら
それはとてもミラクルなマジックですよね。

 

そして、今、そうした存在を感じることが
私の創作の源泉となっているのですから。

インナーチャイルドってなに?

インナーチャイルド・・・日本語にすると「内なる子供」ですね。

 

心の中に住んでいる子供心
童心?似ているけれど、
ここでいう場合は意味が違います。

 

ここで言うインナーチャイルドは、

 

子供の頃に傷付いたことを癒されないままに
心の奥深くに存在する記憶、です。

 

 

小さい子供は、大変な辛い思いをしたとしても
自分で感情を整理して対処することはできません。

 

もし、小さな子供にとても辛いこと、嫌なことがあった時
通常は、涙を流して悲しいと泣き喚いたり、
大暴れして、怒りを訴えたりします。

 

そうして、誰かに、多くは母親か父親に
受け止めてもらって、その時に癒されていれば、

 

健やかな精神が育まれ、
感性はしなやかに強く、大人になれるでしょう。

 

 

でも、もし、それが許されない状況だったら

 

 

泣いたり怒ったりしたら、
「うるさい」と怒鳴られてしまうとか

 

あるいは、自分よりも大人が
もっと動揺していて、泣いたり怒ったりして
子供の方が自分の感情を出せなかったり、

 

あるいは、
近くに寄り添って、受け止めてくれる大人が
誰もいなかったという場合もあります。

 

感情をそのまま出すことさえ
許されない、受け止めてもらえない
というようなことが子供の時にあったとしたら、

 

癒されないままの子供の頃の記憶は、

そのままの状態で、心の奥深くにある
冷凍庫の中にしまわれます。

 

大人になって自分でその感情と向き合い
受けとめて、癒すことが出来るようになるまで
凍ったまま保存されているのです。

 

大きくなると、そんな記憶がしまわれていたことは
忘れていまっています。

ですが、放っておかれ凍ったままにしまわれている
その記憶は、そのままでいるのは苦しいから

 

放っておかないで、

私を見つけて、

とサインを送ってきます。

 

傷付いたことと同じような状況が引き寄せられ
同じような感情を追体験した時

 

大人になっているのに
感情がコントロールできず
怒りまくったり、落ち込んだり、
パニックになったり、
感情が制御できなくて、大変苦しい状態になります。

 

だから、インナーチャイルドが
心の冷凍庫に癒されないままでいる方は、
人間関係で嫌な事を、くりかえし体験しやすいのです。

 

それは、インナーチャイルドからのサインです。

 

傷付いた私は、ここにいるよ。
存在に気付いて、私を受け止めて、癒して・・・。

 

そう、心の奥の冷凍庫の中から
訴えているのです。

 

自分の心の冷凍庫には、

インナーチャイルドがいると感じている方、

 

インナーチャイルドを見つけて
受け止めて、癒してあげましょう。

 

それは、自分自身が、自分を癒そうと
決意しなくては、癒すことができないのです。

 

まずは、自分の内側に向き合おう、
自分で自分を癒す取り組みをしようと
決意してください。

 

そうすれば、自然と、情報が入ってきますし、
どうすればよいか、道が示されるのです。

 

そう、

だから、今、この記事が目に入って
こうして読んでいるのかもしれません。

 

インナーチャイルドを癒すための情報を
これからすこしづつ、シェアさせていただきます。
楽しみにお待ちくださいね。

ヒーラーの道?画家の道?

私は「癒し」をテーマにした絵だけを描きますがそれはなぜか?

これには、こんな理由があるのです。

 

昔から、苦しんでいる人や悲しんでいる人が気になって、

 

ついシンパシーを感じて、元気付けたい、癒したい
と、強く思ってしまう性格でした。

 

 

 

それはきっと、見えない存在の影響に敏感な
いわゆる霊感体質だったことも無関係ではなくて、
小さい頃から、対話していた神様、聖霊たちが
それはあなたの役割だと教えてくれていたからです。

 

そして、当然のように、
生まれついてのヒーラー体質でした。

 

体温が特に高いわけではないのですが、
手のひらだけはいつも熱くて、
相手に触れると、相手と同じところが痛くなって、
手を当てて温めていると痛みが和らぐと言われました。

 

それがなぜか知りたくて、
若い頃、ハンドヒーリングについて勉強しました。
気功やレイキ、その他いろいろなヒーリングを学び
それらを融合させて、
オリジナルのエナジーヒーリングを行う
ヒーラーになったのでした。
それは私のひとつめの
ブループリント(使命)だと思っています。

 

一方で、子供の頃から
絵ばかり描いていた子供でもありました。

 

なにしろ、物心ついた頃から、
描きかけの絵や紙や絵の具は、そのへんにあったのです。
祖父が油彩画家だったからです。

油絵の具の香りのする、祖父のアトリエは、
私の大好きな場所でした。

 

祖父は絵画教室を開いて、お弟子さんもいて
スポンサーさんに依頼された大きな作品を
ホテルで缶詰になって描いたりもしていましたし
地元の画廊で絵を販売もしていました。

そんな画家である祖父は、私の憧れでした。

祖父のように画家になりたいと
ずっと思っていました。

 

でも、祖父が画家だったからこそ、
絵で食べてゆく厳しさも
何度も教えられていました。
父自身が画家になることをあきらめた人でしたし、
私が画家になることも強く反対していました。

 

高校生の時に父の事業が失敗したこともあって、
お金のかかる美術の学校へ進学することは諦めました。
それよりも働かなくてはいけなくなりましたから。

 

それで美術の学校へ行っていない引け目から
絵の道からますます遠ざかっていきます。

 

なにより、父の反対の言葉は、
私に画家への道をあきらめさせる
呪縛のようになっていました。

そこから長く、迷走するのです。

 

画家を目指すことを諦めて
通信で勉強しながら見習いでデザイン事務所に入り
広告デザイナーになりました。

 

それはそれで、楽しい生活でした。
絵を描くこととは違いますけど、
デザインもクリエイティブで楽しいですし。
時々仕事でイラストも描くことも出来ました。

 

だけど、生活のために、デザイナーを続けていても
どこかでずっと自分だけの絵が描きたい。
祖父のような画家になりたい、という思いが浮かんできて、

忙しい合間を縫って、こっそり描いたりもしていましたが
父からの言葉、画家になんて簡単になれない、という呪縛から
なかなか抜け出せず・・・

 

デザイン関係の会社を辞めても、
画家を目指すという方向へは
なかなか進めませんでした。

 

ところが、もうひとつのブループリントである
ヒーラーへの道は、仕事にしようかなと思ったら

あれよあれよという間に道が示され、開いてきたので、
これが私の生きる道ということか、と思い、
そちらを無我夢中、一生懸命やってきました。
もう10年以上経ってしまいました。

 

でも、どこかでずっと絵が描きたい、
画家になりたいと思い続けていて、
こっそりと描き続けてきたのは、
聖霊や天使や、それからヒーリングの光を表現した
癒しをテーマにしたものばかり。
そういう仕事をしているのだから、当然なのかもしれません。

 

そうして描いた、私の天使の絵や光の絵を、
ヒーリングのクライアントが評価してくれて
買ってくれるようになりました。

それが今の癒し絵描きへと繋がったのでした。

 

絵かヒーラーか

どちらかを選ばなくてはならない、
どちらかを捨てなければならないと思っていた私は

どちらも捨てなくて良いと気付いて、

ふたつの道はひとつとなって
ヒーリングの道と絵描きの道が融合したとき、

ずっと開かなかった扉が開いたような
魂が眠りから目覚めたような気持ちになりました。

 

一度壊れた夢が再生して、
さらに豊かになって、今、ここにあります。

 

絵を手にとってくれた方が
ヒーリングを受けたように感じ、
癒されてくれたことを知ると、

いつも私の魂は、とてもとても、大きな喜びを感じるのです。

 

私は、ヒーラーの道を体験してから
再び絵を描いたことで、

 

祖父のように、ではなく
私らしい、私にしか描けない
癒し絵を描く画家になったのです。

 

私の人生は寄り道ばっかりと思っていたけれど
人生に無駄はないのだなと
改めて、その意味を知るのでした。

はじめましてWakaです。

日本の南西、亜熱帯の南の島に住んでいます

癒し絵描き Wakaです。

子供の頃から寒いところは苦手、

温かくて海が見えるところに住みたいと願い続けていたら、

夫の故郷は奄美群島のひとつ沖永良部島でした。

そこはなんと平均気温22度の南の島!

沖縄本島のとなりのとなりにある鹿児島県の島でした。

 

 

偶然の一致、というよりも、天の配剤、宇宙の調整。

宇宙にお願いをしておいたら、そういう相手だったというわけです。

宇宙にお願いしておくと、ほんと、なんでも叶ってしまいますよね。

というお話は、また別の機会にお話するとして・・・

 

とにかく、そんなわけで、願いが叶って南の島へ移住して10年目。

現在、私は、一年中いつもハイビスカスが咲いている

南の島に住んでいるのでした。

 

さて、私は、

この南の島で ” 癒し絵描き ” をしています。

 

癒しをテーマにした絵、別名 ヒーリングアートとも言われていますね。

なにしろ、私のもうひとつの仕事はヒーラーなんです。

セラピストと言った方が分かりやすいでしょうか?

レイキなどが普及してきていますから、ご存知の方も多いかもしれません。

 

宇宙からの光のパワーで、トラウマや病や

インナーチャイルドを癒したり、

絵を描いて癒されるアートヒーリングも行ってきました。

 

そんなヒーリングのお仕事で感じた、

癒しのための光や、

メッセージをくれる聖霊たち(ガイドスピリットや女神たち)や、

傷付いた心の様子を見せてくれる

インナーチャイルドのイメージなどを、

絵にしています。

 

最近は、ヒーリングのお仕事から、

癒し絵を描くことをメインワークへ、少しづつ体重移動しているところ。

 

このサイトでは、癒し絵描きとしての観点から、

私の癒し絵を見ていただきながら、

ヒーリングの光の中のそれぞれの色の意味や、

子供の頃から見えない存在を感じやすい私が、

聖霊たちと対話してきたこと、

インナーチャイルドの癒し方や、

瞑想、グラウンディングの方法、

フラワーエッセンスや倍音ヒーリングなど

私が試してみたいろいろなセラピーについてや

現在暮らしている南の島での暮らし模様などを、

ご紹介したいと思っています。

 

とくに、目には見えないけれど、たしかに存在するものを

みなさまにお伝えできたらいいなと思っています。

 

私のフィルターを通したものですが、

私が描いた癒し絵を見ていただくことで、

あなたの中の癒しが必要な部分と共鳴して、

なにかしら苦しみや悲しみが癒されたら、

とても嬉しいです。