花からの癒し

アロマで浄化?

 

私の生活にかかせないもののひとつが
エッセンシャルオイルです。
アロマテラピーに使う精油というやつですね。

これがフラワーエッセンスと同じくらい、

場合によっては、それ以上に、私の生活の浄化に使っています。

身体だけでなく、心に、それから場所にも香りというのは浄化作用を持つのです。

ネガティブなエネルギーを軽やかに転化してくれるもののひとつとして
生活に取り入れてはいかがでしょうか?

 

精油でもっとも有名なものは、ラベンダーですが
ラベンダーの浄化作用はとても高いです。

ラベンダーは万能アロマとして本当によく使われるアロマですが、

アロマテラピーとしての、身体に作用するもの以上に
スピリチュアル的な意味で、心に作用するものも大きいです。

リラックスできるというのはもう、がちがちに固まっている心を
ほっとしてくれる癒し効果があるわけですし。

そこに暫くいるだけで、理由もなく気分が悪くなったりする
低い波動の集まっている場所というのは、なんとなく、臭いのです。

そういう時は、ラベンダーを2、3滴、掌に落として
頭から上半身くらいを掌でラベンダーの香りで包んでしまう。
ラベンダーは、ティーツリーやフランキンセンスのように
薄めずに直接使っても良い精油ですから、薄める手間も必要ありません。

これで波動があがって、ほっとした守られているような感じがします。
見えないけれど、香って、バリアしてくれているみたいです。

すぅーっとラベンダーの香りを吸い込んでください。
気分が変わってくるのを感じると思います。
とても簡単で自分が弱っている時でも使えるので、とっても便利な方法です。

 

場所の浄化としても使えます。そもそもエネルギーに敏感な人は、たぶん匂いにも敏感なのではないかな、というのは私の意見ですが、あながち間違いではないかなと思っています。

さて、そういう敏感な方は、臭いところには近寄らないようにしましょう。

まちがいなくエネルギーが重いところですから。

そして、家の中も臭くならないように、喚起に心がけると見えないエネルギーも淀まない場になります。

フランキンセンス、ティーツリーにも同じように浄化作用があるので
ラベンダーの香りが好みでない人は、そちらを使っても良いです。

小瓶なので簡単に持ち歩きできるのも便利ですね。

それ以外の他の精油も、薄めて使う必要はありますが、キャリアオイルや、アルコール、水などに混ぜて薄めて振りまいたり、と身体に塗って浄化できるアイテムを作ることができます。

特に浄化作用が高いのは、ジュニパー、セージ、マジョラム、ミルラなどです。

それらをお好みでブレンドしても良いです。

スピリチュアルな意味でも浄化として、アロマを使う。

良い香りで気分良くすっきり。お試ししてみてください。

花のエネルギーを見て

それはかなーり前のことですけど

私が若くて、ちょっと生意気な
小娘だった頃のこと。

たしか頼まれて、知り合いの家の
犬の散歩していた時のことです。

あまり人の通らない路地を
歩いていたら、きれいな青い花が
咲いているのが見えたのです。

なんの花だったかは覚えていないのですが
放射状に広がって咲いているブルーの花が
とても可愛くて、きれいでした。

ブルーのレースのようなだな
と思いました。

石の壁からにょっきっと生えていて
植えられて、大切に育てられたのではなく
勝手に生えてきちゃったんだね
と言う雑草もどきな花でしたが

その時、少し嫌なことがあって
気持ちが荒んだ感じでいたので

その花を見て、癒されていました。

その時、私の聖霊が話しかけてきたのです。

花のエネルギーを見てみて、と

彼らはこんなところに生えてきて
誰に見られることもないかもしれないけど

きれいに花を咲かせて、
誰もいないとしても
愛のエネルギーを放出しているでしょう?

と、聖霊は私に言うので
その花をもう一度、そういう目で
見てみると

花のエネルギーは
放射状の形をしている、その姿のように

周囲に愛のエネルギーを
放射状に放出しているように
感じられました。

ここに命を持って、
ただ存在できたこと、

そして、花を咲かせていることが
それがただただ喜びであるかのように

世界のすべてを愛しているよ、と
愛を表現するかのように

花から愛を感じました。

そして、聖霊はさらに言いました。

この花のようになることを

あなたは目指しているのだよ、と。

あなただけではなくて
すべての魂が、最終的には
こうあることを
めざしているのだよ

生きているだけで
愛を放出している
花のような存在に

人はなれるのかしら?

と、その時、人からの悪意を感じて
もやもやしていた私は
人間がこんな風になれるわけがない

とても遠いことのように
思えたのだけど

今の体験も、
そうなるために必要だから

と聖霊はさらに私に言ったのです。

この花も、このような
石と石の間で、恵まれた場所でもなく
人から水を与えられるわけでもなく
世話をされるわけでもなく

それでも、与えられた場所で
花を咲かせているでしょう?

こんなに愛をもって・・・

この姿を目指してごらん。

そうね。そうやって
意識することは大事なのかも。

花のエネルギーに癒されて
少し気持ちを切り替えることができた
私も、花のようになれたら

その姿を見ていると
とても幸せそうだな
と思いました。

それから、
いつも、花を見ると、
そうだ、花のように
生きることを目指そう。

今ここで、喜びを持って
愛をもって、花を咲かせる
誰が見ているかどうか、も
関係なく、自分のために

そう、励みにしているのでした。

疲れに効くフラワーエッセンスは?

昨日に引き続き、
フラワーエッセンスについて。

今日もとても暑かったのですが、

いつもは暑い昼日中出歩いたりしませんが
今日はお盆で、お墓参りに行きました。

疲れると分かっていても、
しなくてはならないこともありますよね。

ちなみに奄美の離島のこちらの
お盆というと、

夕方からでOKなのですが
お墓の前で作ってきたご馳走を
家族で広げて食べるのです。
お墓の前でハイキングみたいに。

ちょっとびっくりな風景ですが
どこの家も同じように
お墓の前で敷物を広げて
ハイキング状態です。

そのため、お墓の前には
ちゃんとスペースが用意されています。

近所のお墓は、もちろん
みんな知り合いや親戚なので
それぞれ持ち寄ったご馳走を
分け合ったりして
大変賑やかです。

お墓の前でハイキング、
ちょっとびっくりですが
ここでは当り前の風習なのでした。

そんなわけで、今日は、
お墓参りのためのご馳走を作るため
暑いなか汗をかきながら
台所に何時間も立ち、料理をし
作ったご馳走を折りに詰めて
お墓参りしてきたわけです。

本題はここからでした。

そう、疲れると分かっていても
しなくてはならないときもある。
そして、案の定、
帰ってきたら、もうヘロヘロです。

そんな時にしゅたっと取り出す
フラワーエッセンスは

「オリーブ」なのです。

フラワーエッセンスの
オリーブは、花の房を搾取し
太陽光で作成されたものです。

身も心も疲れ果て
エネルギーが残っていない
と感じられる時に摂取することで

疲れた心に平和と活力を
取り戻させてくれて、
きちんと休養をとれるよう導き
回復をサポートしてくれるのです。

闘病生活や回復期、
仕事で休みが取れなくて
疲れがとれない時などに
ぴったりです。

私も数年前に病気をしたので
闘病中、回復中に
オリーブをよく使いました。

疲れ果てていると
周囲に気持ちを配ることもできなくて
イライラしたり、気持ちが荒れることもあります。

お母さんだったりすると、
子供に当たったりしてしまって、
そんな自分が嫌になって責めたりもして、
そんな時は、ほんとうに辛いですよね。

一緒にレスキューをとると
落ち着いて余裕が出来て
周囲を見ることができるようになります。

また自分を責めてしまうときには
「パイン」も合わせてとると良いです。

私は今日は、オリーブと
レスキューを入れたお水を
しっかりといただいて
休息をとります。

それでは、
みなさまも大変暑い日が続きますが、
工夫して元気に過ごせますように!

ショック状態からレスキュー!

このところずっと、色の意味について
お話してきましたが、

今日は少し、別のお話を。

以前に
フラワーエッセンスという
植物からのエネルギーを飲んで
癒されるというセラピーがある
というお話をしましたが、

今日は、フラワーエッセンスの
お話をします。

というのも、
今月は蝕が2回ある
デトックスの激しい月ですし

心身ともに
不安定になりやすい時です。

火のエネルギーが
とても強い時でもあって

ちょっとうっかりしていると
一気に疲れてしまって
へろへろになってしまう
ということも起こるので

そんな時のために

緊急的に癒しをくれるもの
として、
フラワーエッセンスの中にある
有名なブレンド
「レスキューレメディ」について
ご紹介しようと
思います。

ショッキングなことが起こって
激しくパニックになっているとか

強いストレスや緊張を
感じていて、自分で
どうしようもない
という状態になっているとき

非常に混乱していて
大変な状態を落ち着かせ、
自分をとりもどす
助けになってくれます。

悪い知らせを聞いて
ショックを受けたとか

手術のあと、出産のあと、
救急車を待っているとき
試験や面接の前

などに良いです。

そんな緊急時に
助けてくれる
ブレンドのレシピは、

レスキューレメディは
創始者のバッチドクターが
ある時航海中に緊急状態に
陥った人に出会って、
緊急状態に対して、
フラワーエッセンスで
対応するために
考えてブレンドした
と言われています。

バッチドクターが選んだのは、
スターオブベツレヘム
(ショックの後遺症を癒す)
ロックローズ
(恐怖やパニックを和やらげる)
インパチェンス
(強いストレスや緊張を解く)
チェリープラム
(自分をコントロールしやすくする)
クレマチス
(ぼんやりした意識がはっきりする)

の5つのエッセンス・・・でした。

このレシピはとても有名で
これだけはボトリングされて
各メーカーから売られています。

メーカーによっては
「レスキューレメディ」ではなくて
「リカバリーレメディ」や
「ファイブフラワーレメディ」という
名前で出ています。

パニックになった時や
ほんとうに、混乱して
どうしていいかわからない時
一瓶もっていると、

落ち着きたいときに
2、3滴舌下に落として
みましょう。

子供や、ペットなどにも
副作用はないですから
安全に使うことができます。

子供を落ち着かせたいと
思った時に

例えば転校した初日に
これから学校へ行く
という前に飲ませてみたり

精神的に辛いだろうなと
思われる時などに

そっとサポートしてくれるので
ありがたいのです。

もちろん、自分自身のために

とてもショックなことを
言われた後など
レスキューをとることで
冷静に落ち着いて
対処できるようにサポートしてくれます。

あってよかった!
と何度も思ったフラワーエッセンスです。

一本常備されることを
お奨めします。

こちらの本は参考にしたものです。

アマゾンでもレスキューレメディが買えます。

お花の癒し効果を
体験してみてください。

花のエネルギーで癒される方法

それは、フラワーエッセンスといいます。

花のエネルギーを転写したエッセンスを
(ブランデーかグリセリンで保存されたもの)
そのまま舌下に落とすか、
飲み物などに何滴落として飲みます。

そう、飲むヒーリングなのです。

欧米では、ドラックストアなどで
気軽に手に入るくらい
普及しているそうです。

1938年にイギリスのバッチ博士が
完成させたものが主流ですが
今は、いろいろな国で
いろいろなフラワーエッセンスが
作られています。

アロマテラピーとは違います。
アロマはエネルギーではなくて
成分を蒸留した精油を
鼻から吸い込んで作用させるものですから
考え方も生成方法もまったく違います。

フラワーエッセンスは、
フラワーと言っていますが、
花だけじゃなくて、樹木や葉っぱだったり
岩清水もあったりしますが、
成分ではなくて、エネルギーを
お水に転写させたものなのです。

水を張ったボールに花を浮かべて
太陽の光を浴びさせて
エネルギーを転写させる方法と
煮沸させて転写させる方法と
二通りあるのですが

あくまでも
エネルギーの転写なので
成分的に言うとほぼお水です。

ですが
このお水にそれぞれの意味を持つ
植物からの癒しのエネルギーが
含まれていて、

それをほんの一滴二滴含むだけで
イライラが治まってきたり
落ち込んでいた気持ちが浮上したり
”だんだんと”してくるのです。

あら不思議・・・。
そんな感じがします。

このフラワーエッセンスは
感情を癒すためのエッセンスなのです。

そこもアロマとの違いのひとつですね。
アロマも感情に作用しますが
どちらかというと身体よりですが

フラワーエッセンスは
まさに、感情のためにあるのです。

悲しみ、落ち込み、自信を失っている
優柔不断で決められない、
誰かを憎くて許せない
頑張りすぎてしまう、
やる気がでない
不安や、イライラ、
新しい環境に馴染めない
ストレスが溜まっている
怒り過ぎてしまう、
試験などで緊張してしまう・・・などなど

さまざまな場面や環境や性格に
対応するために、
38種類のエッセンスがあります。

イライラにはインパチェンス
落ち込みにはゲンチアナ
やる気が出ないときは、ホームビーム
疲れたときには、オリーブ

・・・・という具合に

それから組み合わせて
ブレンドして使うこともできます。

特にパニックになった時など
緊急事態に対応した
レスキューというバッチ博士の
有名なブレンドは、
ブレンドされてボトリングされて
売られています。

うちにはレスキューも含めて
全種類ありますが
あるとほんと便利です

子供も一緒に使っています。

今ちょっと勉強にやる気でないから
ホームビーム入れるとか
なんか集中できないから
チェリープラムを、とか

そういう風に
自分で自分を分析しながら
選ぶのも良いのかもしれません
今の自分の状態を把握すると同時に
そういう状態を落ち着かせて
意識を変えてゆこうと思えますし

即効性はないかもしれません。
人に寄りますけど。

でも、プラシーボ効果だけとも言えない
癒しの効果は確かにあります

たとえば、家族のために
知らせないで、こっそり数滴
お茶に混ぜたりすると、

ぶりぶり怒っていたのに
少しすると落ち着いているとか

使ってみると分かるのですが

副作用もないし
安全だからか
薬を飲むよりもよい、という
面もありますし

なんとなく
ほんわかと
気持ちが楽になっている気がする

日本でも最近は
普及しはじめて通販などで
入手することができます。

参考書もいろいろあります。
私のおすすめは

最近ではアマゾンでもフラワーエッセンスが買えたりします。

お花の癒し効果を
体験してみてください。

フラワーエッセンスの使い方については
また時々お届けしたいと思います。