光と色の意味

マゼンタの効能

久しぶりに、アートセラピー関連で、色についての
セラピー情報をお届けします。

私も好きな色のひとつ、マゼンタについてです。

マゼンタ?何色のこと?と聞き馴染みのない人もいるかもしれませんが
日本語で言うと、少し紫がかったピンクのことです。
明るく鮮やかな赤紫。紅紫(こうし)色とも言うようです。

例えば、ブーゲンビリアのピンクのようなこんな色のイメージですね。

ヴァイオレット(紫)と、レッド(赤)の間にあって、
虹(線形)とはちがって円環を形成する光です。

 

新しいイマドキの鮮やかで華やかな色です。
とても女性性が強くて、そう華やかで強い女性らしさを表現しているよう。

愛らしさと強さを合わせもった現代女性のようなカラーです。

マゼンタは宇宙的な無条件の愛のエネルギーでもありますし、
オーラソーマでは、小さきものへの愛を強める色とされています。

すべてを内臓した色とも言われていて、とても深い愛の色です。
高い精神性へ導いてくれますし、幸福感を高めてくれる効果もあります。

小さきものへの愛という意味を持つこの色は、身に付けたり、取り入れることで
日常的なありふれたものも愛おしんで、大事にすることができるように
導いてくれるのです。

見返りのない、純粋な奉仕の心を持つ、とても気配りのできる人になれる、
そんなとても波動の高い色です。

また美的センスも高めてくれます。

美に敏感になって、立ち居振る舞い、センスを高めてくれるようです。

ほんとうに、新しい時代に現われた、高い波動の色と言えます。

女性らしい女性が好む色だけあって、女性の助けになる色でもあります。

もちろん、女性だけではありません。今は男性も女性性を使って、

育児をしたり、看護したり、介護をしたり、それ以外でも奉仕をする時代ですものね。

それは素晴らしくて意気揚々と取り組んでいる時にサポートになりますし、

ずっと続けていれば、疲れてしまう時もあります。

そんな看護や介護で疲れた人、人に奉仕しすぎて疲れてしまった時や、

愛しすぎて女性性が傷付いてしまったなんて時に、マゼンタは癒しになるでしょう。

 

ただ、きれいですけど、とても鮮やかで、派手な色でもあるので、
敬遠したり、苦手、嫌いと感じる時もあるかもしれません。

マゼンタの持つパワフルさに、ついていけない・・・

とても沈んで弱っている時に、かえってそういう風に感じる時もあるかもしれません。

そういう時は、マゼンタの補色、オリーブグリーンの方がぴったりするのかもしれません。
オリーブグリーンの深い緑は、森林にいるような落ち着いた気持ちにしてくれるし

居心地の良さを感じられ、恐怖を払拭して、安全を感じさせてくれるので
そういった静けさの中で十分に癒されてから、再びマゼンタを見ると、
その鮮やかな明るさ、パワフルな愛の光を受け入れることができると思います。

マゼンタはどちらかというと、今まさに前へ進もうとし始めた時
暗いところから脱出して、明るいところへ行こうと気持ちを切り替え始めた時
癒しになったり助けになる色だと思うのです。

白は色がない?

久しぶりに色の意味シリーズにもどります。
今日は、「白」について。

花嫁が着るのは純白のドレスは基本ですし
真っ白な雪は美しいですね。
そんなのイメージから

とても清浄で、純粋なもの
というイメージがします。

何ものにも染まっていない
という意味あいもあります。

実際、色の意味は、
純粋さ、清浄さ、清らかさを表わします。

無垢で清純な強さがあります。

さて、「白」という言葉を調べると
色が付いていないという意味があり
色の分類でも、黒とともに
無彩色といわれたりもします。

色がないと言われますが
意味は”ない”わけではないのです。

実際には、その反対で
すべての要素を含んでいる
という万能の色でもあります。

光の三原則でいうと、
赤、黄、青の原色の光を重ねると
透明、クリアホワイトになります。

何もない、というより
すべてを含んでいるのです。

そして、光を一様に反射して、
もっとも明るく、
周囲を照らす効果があります。

すべての色を合わせると白くなる
そんな白には、あらゆるレベルの浄化
という意味があって、

癒しの意味でもパワフルなのです。

溜まった涙を流させてくれて
清らかな気持ちに、リセットしてくれる
そんな作用があります。

とても繊細で、感じやすい
ということも表わしています。

反面、この色のネガティブな意味は

繊細さも表わす色ですが
ほんの少しの汚れも目だってしまい
それを嫌うという意味のあるので、
完璧主義の悪い面

少しのことも許せない
寛容さが足りない状態を
表わしたり、

過去の習慣を捨てられないで
頑固に変われない、とか

自分がいつまでも未熟に感じられ
準備が整っていないので
”出来ない”と思い込んでいる

ということを表わすこともあります。

また、潔癖すぎる
という意味もあります。

細かいことを気にしすぎていて
強迫観念に苦しんでいるという
意味もあります。

白が癒しとして使われるときは

苦しみや葛藤を取り除き、
困難な状況にも立ち向かえる勇気を
与えてくれます。

自分を神聖な存在だと
感じることができるようになります。

自分の思うとおりのものを
自由に選ぶことができるよう
サポートしてくれます。

また自分自身への過剰な期待に
苦しむことを手放し、
あるがままの自分を
受け入れるようにしてくれます。

体じゅうに蔓延った
過去からの嫌な記憶を
清めてくれるパワーもあります。

曇りや穢れを祓ってくれるのです。

緑色ってどんな色?

紫の次は、緑についての
意味をお届けしましょう。

緑といえば、植物、葉っぱの色ですね。
だから、とても自然を感じます。

緑がいっぱいなところは
ほっとしますものね。

都会の中でも公園や
街路樹の緑があるだけで
潤いを感じます。

緑のある場所は
まさに都会の中の
オアシスです。

そんな緑色ですから、
意味もやはり、落ち着くとか
居心地の良さを感じる、
自然体になれるというイメージです。

でも、それだけじゃなくて
緑には良いスペースを創る、
自分のためのスペースを創る
という意味もあり

居心地の悪さを気付かせてくれて
自分のために、環境を整える必要を
教えてくれるのです。

自分のための環境を
整えることはとても大事なことです。

自分にとって安全な
居心地の良い居場所がないと
ほんとうにしんどいです。

とてもストレスを感じるでしょう。

自分のために居場所を創ることは、
自分を大事にし
自分を愛することにも通じるのです。

実は、ハートのチャクラの色は
ピンクでもあるのですが
エメラルドグリーンでもあります。

胸の真ん中のエネルギーセンター
そこがハートチャクラのある場所ですが

ハートチャクラは
無条件の愛を司るところです。

このチャクラがエメラルドグリーンであるとき
ありのままの自分を許し愛する状態

グリーンは個人的な愛というより
人類愛とか大きな愛を
感じさせる色でもあります。

それから、

自分に正直であること
人生や環境、自分と調和すること
大地にしっかりと足をつけていること
自然のリズムとともに生きること

なども緑の意味すること

そして、そうすることで

混乱した頭を落ち着かせて
考えさせてくれてます。

混乱が落ち着くと、
心に平和をもたらします。

そして、それが結局
外側にも平和をもたらす。

それを教えてくれる色でもあります。

ネガティブな意味で使われるときは

自分のための居場所がないよ
ストレスいっぱいで苦しい
という訴えなのです。

もうひとつ、緑には
場所だけでなく
時間の意味も含まれていて、

今ここにではなくて、過去や
はたまた未来について
気持ちは捉われている状態を示していて、
それは今を生きていないよ
というお知らせでもあります。

過去のことをいつまでも考えていたり
未来の心配ばかりしていないで、
今をしっかりと受け止めて
生きて行きましょう。

それが自分の人生と調和するということ
今、することと向き合って、集中することが
とても大事ということ。

と、緑色は教えてくれるのです。

紫の色の意味って?

色の意味にもどります。
赤、青と続いて、
今日は、紫の意味をお話します。

絵の具で色を作るとき、
赤と青を混ぜると紫になります。

色からの癒し、色の意味
として考えると
これはとてもおもしろいことです。

なぜって、赤は情熱、エネルギー
という意味があると
前にお話しましたし、
青は、冷静さ、浄化、鎮静作用
があると、お話しました。

赤と青は正反対の対の関係です。

その正反対の意味を持つ
反対同志を混ぜた紫は
というと、

どんな意味があるかというと

高貴だったり、上等なという
意味もありますが
神聖なるもの、とか
スピリチュアルなもの
という意味があるのです。

情熱と冷静さと
合わせたところに
スピリチュアルなものへ
変化してゆく

もうひとつ上の次の次元へと
進化したようなイメージです。

赤には物質という意味があり
青には精神性という意味があります
それを合わせると
スピリチュアルなもの

スピリチュアルは、
一般的に言われるように
ふわふわした血に足がついていない
幻想みたいなイメージの人も
いるかもしれませんが、

色の持つ意味が示しているのは、

精神性だけでなく
物質、現実も伴った
心と体が合わさったもの

もっと地に足がついたもの
それがスピリチュアルだと
教えてくれているのです。

チャクラでいうと、
頭の頂き、
クラウンチャクラに対応しています。

クラウンチャクラは
宇宙やスピリットと繋がるところです。

他にもヴァイオレットには
混乱を沈め、
慌しい心をきれいにし
やっかいな頭痛や偏頭痛を
軽減する効果もあると言われています。

抑圧や古いパターンを壊し
スピリチュアルな向上を促します。

紫のネガティブな意味では

混乱や、不安、
自分を抑圧しすぎる、
自己破壊の傾向。
今いるところに嫌気が差している
現実と非現実の見分けができない
などの意味がありますが、

紫を使って癒すことで
これらの要素を手放す
サポートになります。

空・海・サファイヤ【青色】

虹の色でいうと、ピンクの次は
紫となるのですが

ここで、青について
先にお話します。

青はとても馴染みのある色です。

地球は青い星です。
地表を覆う海の色ですし、
空は青というイメージです。

緑がかったターコイズブルーから
紫に近いロイヤルブルーまで

バリエーションも豊かです。

多くの人が心ひかれる色です。

青には心を鎮める作用があります。

街頭を青にすると犯罪が減ったという
話を聞いたことがあります。

赤い色は怒りを表わしますから
その反対の色は、
怒りを鎮め、冷静にしてくれます。

水の色でもあるので、
水のイメージが青にはあります。

清め、洗い流し
清浄にしてくれる

暑さを和らげ
涼やかにしてくれる
色でもあります。

ブルーはコミュニケーションを
促進してくれる色でもあります。

怒りではなく冷静に話しあう
という作用からなのかもしれません。
他人に寛容になるという意味も
ありますから、
上手にコミュニケーションをとるには
青いエネルギーは必要ですね。

そこからなのか
青には平和という意味もあります。

またブループリントという言葉が
示すように、使命という意味もあります

ターコイズブルーは
喉のチャクラに対応した色と言われています。
コミュニケーションの色と言われるのは、
この関係もあるのかもしれません。

そして、そこから
創造性を高める色という意味もあります。

創造性を発揮できない時に
サポートしてくれる色でもあります。

対人関係のコミュニケーションで
上手く話せない、という時なども
ブルーが助けになります。

青のネガティブな意味は
赤の反対ですから

情熱が足りないこと
になります

考え過ぎて動けなくなったり
安全を考え過ぎて
チャレンジができなくなったり
エネルギー不足になったり

動けない・・というのが
青のネガティブな側面です

落ち着かせるには
ブルーは効果的ですが

動きたい時は
ブレーキになってしまうのですね。

ロイヤルブルーというのは
純粋な青ではなく
青にピンクが混じっていて
少し紫がかった茄子紺の
ロイヤルブルーになるのですが

ブルーがつきますし
見た目は青系統なので
青としてお話しますと

ロイヤルブルーには
神聖な、とか聖なる
という枕詞がぴったりの

スピリチュアル的に言うと
高次元の存在と繋がる
という意味があります。

青に愛を示すピンクを混ぜると
神聖さが高まるのですね。

なでしこ・薔薇・女性性【桃色】

虹の配色でいうと、
赤の次は桃色、ピンクです。

桃色、ピンクというと
圧倒的に女の子の好む色と連想しますが
最近はピンクのシャツを
おしゃれに着こなす男性もいます。

とはいっても、やはり女の子の色
というイメージですね。

自然界でピンクのものって
なにかしら?と探してみると

桜、ブーゲンビリア、サンゴ
それから、フラミンゴ・・・

可愛く美しいものばかりです。

小さな女の子のほっぺも
ピンク色のイメージです。

柔らかく、ほんとに
スィートなイメージです。

そんなピンクは、
小さな女の子が大好きな色ですが

年齢が高めの女性こそ、
必要な色でもあります。

女性ホルモンを出やすくしてくれる
効果も期待できるからです。

女性が若々しく
心を柔らかく保つサポートになります。

いつも頑張っている
キャリアウーマンにも
大事な色です。

女性でも、男性と肩肘並べて
バリバリと頑張っていると
男性性が優勢になってきます。

今はやりのブルゾンさんも言ってますね
キャリアウーマン!

仕事が出来ても
女子力が低くては
出来る女とは言わないんですよね?

上手にピンクのエネルギーを
取り入れることで

女性性を高める色と言われます。

女性性というのは、
受容性、感受性、女性らしさを
表わす言葉です。

ちなみに男性性は、この逆で
能動性、実行性を表わします。

女性性が高いというと
しなやかで、感性は高く
美しくて可愛らしさも
ある感じです。

ピンクには、
攻撃性を弱めて、
緊張を解し、そして、
愛の足りないところに
愛をもたらす

インナーチャイルドを癒すためには
欠かせない要素でもあります。

無条件の愛という意味が
ピンク色にはあります。

ありのまま、ジャッジせず
受け入れる、すべてを愛する

傷付いた心がもっとも
求めてやまないエネルギーです。

可愛いけれど
侮れない、重要な色なのですが

ネガティブな意味でいうと

受身が過ぎて不安定で
繊細すぎて、被害妄想ぎみだったり
周囲への配慮ばかりで、
自分のことは後回しで
疲れ果てていたりします。

愛されたいと強く望む時に
求める色でもあるので、

逆をいうと
とても愛の不足を感じている
状態だと分かるのです。

自分には愛される価値がない
そんな風に傷付いている時にも
人はピンクを求めます。

そういう時
ピンクのエネルギーで
心を満たしてみましょう。

きっと愛を感じさせてくれます。

とうがらし・炎・情熱の色【赤色】

黄色、橙色とくれば、次は赤ですね。

はい。虹の配色順に進めています。

さて、色の意味をお伝えしていますが
赤の意味は、分かりやすいのではないでしょうか?

真っ赤な情熱と言いますし、
燃え上がるようなパワフルなエネルギーですね。

愛とかハートの色として
表現されます。

恋人たちの色でもあります。
情熱的な愛のイメージです。

まさに生気
生き生きと燃え上がっている
そんな感じがします。

また
赤い色は自分に自信がないと
身に付けることは難しい色ですよね。

赤いルージュなんて
魅力的な女性の象徴です。

戦隊ものでも、真ん中は「赤」!
みんなのリーダーであり、
中心人物で、ヒーローです。

人の注目を集めて
それに負けない強さがあります。

そんな情熱に溢れ、
気概があり、タフな時に
自分をアピールするために
魅力的に見せるために
選ぶ色でもあります。

そんな強さ、自信、カリスマ性を
与えてくれる色でもありますし

情熱・エネルギーを与えるという意味から

ふらふら、へろへろになっている時に
エネルギーを与えてくれる色でもあります。

冷えた身体や心を温めてくれる
そんな作用もあります。
赤い下着は、健康に良いというのは
この作用をねらったものですね。

また、ヨガで言うところの
ベースチャクラの色は
赤だと言われています。

大地との繋がりを感じさせて
身体を元気にしてくれる
現実に生きる力を示す
チャクラの色が赤なのです。

一方で、怒りやフラストレーションも
赤が意味しています。

赤がネガティブに表現されている時は

フラストレーションを感じ
怒りっぽくなっていて、
投げやりになっていたり、
怠惰になっていて、
人生に無関心になっている

あるいは、
血液の色が赤いからでしょうか。
身体そのもの、ひいては
精神的なものと対として
物質的なものとして
表わす色でもあります。

その意味がネガティブに作用するとき

物質的なことを
追い求めて、
即物的になっていて
心をどこかに置いてきている

そんなイメージでもあります。

物質的に不足に苦しんでいる時には
心身ともにエネルギー不足を改善して
問題に向き合えるように
助けてくれる
という意味もあり、

この色が癒しとして与えられるとき
その意味は、

エネルギーの補給や、
失った情熱の回復
逆行のときに、励まし、
気付きやすくしてくれたり、
誠実に人を愛することを思い出させてくれます。

また赤いとうがらしのモチーフが
韓国では魔よけの意味もあるのは有名ですが

赤が魔よけに使われるのは
世界のあちこちでみかけます。

自分自身、または
他人から向けられる恨み、敵意などの
ネガティブなエネルギーを
克服することを助けてくれます。

赤、馴染み深いだけに
奥が深い色なのです。

太陽・オレンジ・夕日の色【橙色】

前回は黄色についてお話しました。

黄色の次は橙色について。
オレンジ色の方が分かりやすいかも。

この色にどんな意味があるか

今回の記事のタイトルにも
「太陽・オレンジ・夕日の色」

解説するまでもないくらい
イメージしやすいですよね。

オレンジ色というくらい
フルーツのオレンジは
この色の代表のようなもの

橙というのも柑橘系の果物ですね。

そして、この柑橘系のフルーツは
たしかに、オレンジの意味と
通じるかもしれません。

元気を与えてくれる
明るくさわやかな気分にしてくれる

ダメージを修復するビタミンのような
元気ハツラツ!ファイト一発!

疲れていて麻痺していた心に
新鮮な風を送る、みたいな

まさしく、そんな意味、効果があります。

もうひとつのオレンジ色のイメージは
”太陽”が一般的ですけど

太陽のようにエネルギーを
与えてくれる、という意味もあり

もう少し深めると
幸せを感じさせてくれる色でもあります。

とても健全な、健康的な
前向きな、という意味もあり

ポジティブな塊!のような橙色ですけど

内なる太陽、内なる智慧とつながる
オレンジがゴールドに似ているということから
そんな意味も出てきます。

自分を信じていて、幸せを感じられて
とてもハッピーで大らかな
気質を示すカラーなのですが

この色が示すネガティブな暗示というのも
ちゃんとあります。

期待しすぎてしまう状態。
欲が深い状態とも言えるかも。

ネガティブというか、
橙色が不足している場合という感じですが

自己不信がある、

葛藤を抱えている

物質的に不足感がある

依存的な傾向がある

自分の権利ばかり主張する

人と分かち合えない

罪悪感がある

他人を責めてしまう

・・と言ったネガティブな意味があります。

オレンジ的なエネルギーが不足した状態が
そんな状態というわけです。

色を補うことで

自分への信頼感、幸福感を高め
前向きに、建設的に
そして、太陽のように
自分が人にパワーを与える
そんなエネルギーを補えます。

色にはいろいろ意味があります。【黄色】

アートセラピーでは
どんな色を選んだか、

で、どんな感情でいるのか、
何を癒そうとしているのか、
などを見ます。

気になったから
惹かれたから、
好きだから、というのはもちろんのこと、

直感で選んだ色、
ぱっと目に入ったから選んだ色
であっても、

それは偶然ではなくて
必要だから選ばれたのです。

あとで色の意味を調べてみると
まさしく、そういう気持ちだった

そういう気持ち隠れていた
と、納得したり

癒しとして与えられた色が

そうそう、
それが今必要なことでした!

今の私にぴったり!

ということを
自分自身でも体験し

何度何度も
そういう言葉を聞きました。

色にはそういう
不思議な作用があります。

色もまた波長であり
見えないエネルギーの一種
そして、光でもあるのですが

それはまた別のときに。

今回は、それぞれの
色に意味があることを
お話します。

たとえば、黄色

黄色は・・・

楽しさ、喜び、幸せを表わす色です。

楽天的で、単純で、シンプルに考える
そんな明るい無邪気な人が
イメージできます。

これは黄色のポジティブな意味。

色にも、ポジティブな面と
反対のネガティブな面があります。

黄色のネガティブな側面は
というと、

幼稚、子供っぽい、自分に甘い
と言った意味があります。

ネガティブな意味は、
デトックス的な、吐き出しの意味で
使われたときに
照らし合わせて、読み解いてゆきます。

いつまでも子供でいたい
成長したくない
難しいことは考えたくない
もっと甘えていたい
楽しいことだけしていない

と、自分の心が
成長を拒んでいることが
分かります。

そこには、成長することへの
恐れがあるのかもしれないし

子供っぽく無邪気を
装っていないと
嫌な思いや怖い思いをする
誰かに苛められる

という自己防衛の気持ちが
働いているかもしれません。

恐れや、そこから生まれた
自分への制限が隠されています。

逆に、癒しとして
使われた場合は、

そんなに難しく考えなくていいよ
もっとシンプルに、楽天的に
もっと人に甘えていいんだよ

喜びや楽しみを
もっともっと人生に
感じてよいのだよ

という意味になります。

癒しとして黄色を
与えられる人は、

子供っぽくしていられない
いつも大人でいないと、と
喜びや楽しみを自分に与えないで
我慢ばかりしていた傾向があります。

癒しで与えられる場合は
今までその意味が
十分に足りていないから補う
という意味になります。

今回は黄色の意味だけでしたが
これから、他の色も詳しく
お話していきますね。

このように、

この色の意味は、
アートセラピーで使いますが

ヒーリングの解読に使ったり、

カラーセラピーとして
今必要な癒し作用の色を
選んで身に付ける

落ち着きたいとき
元気になりたいとき・・などに

それに対応した色を
意識してじっと見ること

という使い方もできます。