つぶやき, ヒーリングの光

in transformation 変容中

変容中の細胞をイメージした光絵でござる。
私の光絵が細胞みたいと言われたので、

ヒーリングで細胞が変容中なイメージした光絵でござる。

私の光絵が細胞みたいと言われたことがありまして
それからちょっと細胞・・と意識してまして
ヒーリングで細胞が変容中なイメージで。

そういえば、ヒーリングをしている時
細胞が光で変容するイメージをするのです。
繋がっているのかな。

ライラックは変容を促すエネルギーで、
ピンクは宇宙の根源からの無制限、無条件の愛のエネルギー
その光を受けて、ビビビッと電撃を受けているかのように
垢のような古い不要なエネルギーを浄めて散じている。
活性化して輝くのだ~!
なんてイメージです。

たぶん、今の私もこんな時期なのではと思っている。
古いエネルギーをビビビッと振るい落としている。

でも、ちょっと痛みが伴っている。
ので、ちょいとへたっているのだ。

なんて、言ってみる。

へたっている言い訳?いや、変容中なの!

だって、痩せたし!

一皮向けた(ほんとにぼろぼろと剥けた)ら、
シミが薄くなったのだ!
これを変容といわずなんと言う!

つぶやき, ヒーリングの光

紅く染まる

紅葉は南の島では見れないのですけど、

鮮やかに紅い葉っぱはよく見ます。

秋とは関係ないけれど。

秋冬に紅い葉を見ると嬉しいのは何故だろう?

光絵の場合、コーラルレッドは自分自身を愛することを促す

自分にノーと否定して抑圧するのをやめて

自己犠牲をやめて、愛や慈愛をもたらす。

女性性を癒す色なんだと思う。

女性は自分を抑え犠牲的になることが多いから。

それに変容を促すライラックの光を加えて描いたのが

今回の光絵「Sandalphon

変容の仕上げのような今の時期に必要なエネルギーではないかなと思う。

ヒーリングの光

芽生える/Yellow&Vioret

台風の塩害で、しばらく島の木々や草花は

見る影もなく、緑じゃなくて茶色になってました。

ちょっと荒んだ気分になってしまうのは致し方なし。

この頃、ようやっと新しい緑が芽生えてきた。

全滅した苗の代わりに、もう一回新しく植えなおした

白菜やらブロッコリーやら大根の芽も日々すくすく伸びている。

植物ってやっぱりすごいな、生命力を感じる。

また甦り芽生える植物たちの生命力にあやかって

再生して目覚めるエネルギーを描いてみました。

黄色と紫に水色を加えたエネルギー。

犠牲者であることをやめて、つらい体験も手放して、

勇気を持って変化を起こし、人生に歓びをもたらす。

それを表現する力強く高らかに・・・そんなエネルギー。

よろこびの光を感じさせる光絵になりましたでしょうか?

ヒーリングの光

月光に癒されて

いつか描こうと思っていた月下美人をモチーフに

月光花 moon light flowerの光絵を描いてみました。

夜にしか咲かない大振りの花は、はっとする美しさでした。

残暑厳しいこの頃は、昼間はあまりの暑さにぐでっとしていて

夜の方がずっと過ごしやすいですよね。

それで夜に散歩して見に行ったわけです。

ええ、私が咲かせたわけじゃないんです。

めずらしいものが咲いているから見においでと、

ご近所さんに呼ばれまして。

そして見せていただいた月下美人は

そりゃ、もう、神々しい輝きがありました。

なんとか描けないものかと思ってまして

いくらか表現できていますでしょうか?

ヒーリングの光

Fly&shine

台風が2つ連なってやってくるみたい。やれやれ。
今日は片付けして備えとかないとです。
まだ少し時間あるので、先に絵を仕上げておかないと!

ヒーリング光絵「Fly and shine」は2016年の作品なのですけども
ご購入をご希望いただいた方がありまして!
私も特に好きな作品なので、ことさら嬉しい!
ただいませっせと彩色してます。
顔料インクのインクジェットで印刷した後、手彩色します。
しない時もあるのですけど、印刷では色が出ない時などは
アクリル絵の具で色を加えていきます。

この鳥は金色にする!と描く時から決めてましたから
手彩色する前提の作品です。
黄色にも少し赤みを加えて温かみを出しました。
そして光を浴びながら飛ぶ鳥たちを金色を塗りながら、
勇気を出して飛び立つこと、そこで感じる喜びのエネルギーを
光絵に乗せていきます。

飛んで、かがやいて!きらきら生きましょう!

そんなエネルギーをお届けできますように!

ヒーリングの光, 南の島模様

サンゴ・虹色に輝く

夏らしく明るい色調でサンゴの光、制作してみました。

 

ところで、今年は異常に暑いそうですね。

こちらの島はいつもどおりなのですけど。

 

今私の住んでいる奄美南部のこの島は

平均気温24度、湿度はいつも高い亜熱帯の地域。

この島に住みはじめた頃はあまりの夏の暑さに

くらくら、ふらふら、ぐったりしていたものですが

今思うとちょっとした熱中症だったのかも。

 

こちらで生まれ育った人は暑さに強いのですけど

内地から来た人には慣れるまでは厳しいと思ったものです。

元から身体も弱いもので、余計に暑さ対策しないと

ほんと生きていけない。

 

今では慣れた・・・と言いたいところですが、

ちっとも慣れてませーん。

暑さを避ける工夫をするようになっただけですね。

日中は外に出ないとか、水分はいつも持って歩くとか

塩分、ミネラルは気をつけて摂るとか。

 

だいたい5月からエアコンはつけっ放しです。

止めちゃうとあっという間にサウナになってしまうので

そこから部屋を冷やす方が電気代がかかるので。

電気代よりなにより、暑い外から帰って、すぐに

涼しいところで休めないと身体がしんどいからです。

 

島の人も、まだ涼しい早朝や夜に活動することが多いようです。

特に農家の人は、一番暑い日中にはお昼寝するみたい。

ですよね。炎天下に農作業は死んじゃいます。

昼間は町へ出歩く人も少ないです。

 

この頃では、都会でもすっかり暑さが危険

な時代になってきたみたいですね。

天気予報を見ると、むしろ亜熱帯のこのへんよりも

都会の気温の方が高くて、34度とか38度とか!!

驚きの気温ですし、街の映像もとっても暑そう。

 

島はアスファルトが少なく緑が多いせいと

周囲を海に囲まれているから、

わりと涼しい風が吹いてくれるのです。

木陰はほんとに涼しい。

虫がいるから行かないけど。

熱帯夜も都会よりも少ないようです。

 

沖縄・奄美の方が夏は過ごしやすいのかも。

不思議な現象が起きていますね。

 

私の体験から思うに、内地の人は

今のような強烈な暑さに身体が慣れていないと思うのです。

熱中症っぽい状態に一度なると、元気になるまで時間がかかります。

養生に養生して気をつけて過ごして、ちょうど良いと思います。

みなさま、暑さに無理せずにご自愛くださいませ。

ヒーリングの光

サンゴ・いのちのはな

久しぶりにヒーリング光絵を制作。

ちょっと不調ぎみで潜伏しておりまして、

ここしばらくネットでもおとなしくしてましたが

すこし持ち直してきました。

 

南西諸島あたりは、この頃毎週のように

週末に台風がやってきています。

気圧の変化に弱い私などは、

台風が来るとダウンして、

また元気になる頃に弱ってまいってますが。

 

おととしあたりは、台風が来なくて、

台風が来なくて楽でいいなと思っていたけれど

そうなると、サンゴが白骨化する?などと

ニュースで知って大変驚いたものです。

台風、来なければ来ないで、

大変な生き物もいるのだなと。

 

だから、今年のように台風の多い年は、

海の中はかき混ぜられて、

サンゴなどは元気なのかもしれない。

 

人間に不都合なことも

自然には恵みであることがある。

 

大いなる命の営みをふと思って見る。

 

そんな気持ちで、サンゴをモチーフに光絵を。

 

暑い日が続きますが、涼しい海の中で

たゆたうように輝くように生きるいのちへ

ちょこっと思いを馳せつつ。

 

ヒーリングの光, 女神と天使

アートブック制作

アートブック2017vol.3 A5サイズ 月桃紙に顔料インクでフルカラー印刷 和綴じ

 

2017デザインのアートブック、オーダーをいただいたので

出力して、和綴じして、お送りしました。

久しぶりに和綴じした。楽しかった~!

 

このアートブック、月桃の繊維で作られているのです。

月桃は”げっとう”と読みますが、島では”さねん”、

沖縄では”さんにん”と呼ばれる香りが特徴的な薬草です。

ムーチー(餅)を包んで蒸したものをお祝いなどで食べるのですが、

効酸化作用が高くアンチエイジング効果があるとかで

お肌に良いと、化粧品などに使われるようになりました。

血圧を下げるとか、鉄分やマグネシウムも補給できるとかで

我が家では葉っぱでお茶を作ったりもしてます。

そんな沖縄奄美地方で愛されている月桃の和紙を使用してます。

 

月桃和紙、繊維が混じっていて、すこし生成り色です。

味わい深くてよいのです。

赤く染めた麻糸で和綴じするのも、いいでしょ?

 

ここに光絵をたくさん収納しました。

vol.3は2017年に作った3冊目のブックで、現在はオーダーいただいてから

印刷、製本します。

 

2018年版のアートブック、そろそろ作ろうかな。

手作りアートブック、和綴じするの、楽しいのです。

 

WakaMinami Artbook 2017 vol.3 はお求めはこちらからどうぞ。

https://www.creema.jp/item/4523857/detail

 

ヒーリングの光

深い森のなかで

ヒーリングの光をイメージした光絵シリーズの「深い森の中で」。

迷って先が見えなくて、疲れてしまった時に

この先どうしていいか分からなくなってしまった時に

出口へ導く光明のイメージです。

迷いの森から迷子を救い出してくれるような。

緑は安全や居心地の良い空間へ導く色です。

ピンクと水色は、インナーチャイルドを癒し、

バランスと成熟を与えてくれます。

感情のパニックを脱するサポートをしてくれて、

過敏な感情を鎮めてくれます。

じぃっと見つめて光を取り入れるイメージをすることでヒーリングになります。

 

ファブリックパネル

https://www.creema.jp/item/5805808/detail

 

さとうきびの光絵カードセット

https://www.wakaminami.com/shop