ヒーリングの光, 創作について

鏡の国の私

鏡に映る自分と向き合って、心に浮かぶことを見つめている。

自分について自分がどう思っているのか。

ここがだめ、可愛くない、とか、しみができているとか

粗探しばかりして、自分にダメだししていないだろうか?

それをずっとしてると、インナーチャイルドがいじけてしまう。

鏡の中の自分を、まぁ悪くない、から始めてみて

いいよ、可愛いよね、うん、魅力的と良いところを探して褒めてみよう。

気分が上がる。セルフイメージが上がる。自己価値感が上がる。

良いこと尽くし。

ヒーリングの光

内側にある光

今年も師走になってもうた。

この1年、自分と向き合う、自分の内側を見直す

ということの多い1年でした。

たぶん多くの人にとっても。

そこになにがあったか?

おそらく光を見い出したと思うのです。

私も、闇の中に光を見つけた。

ちゃんと輝きは内側にあると気付くことがゴールなのかもしれない。

お知らせ, ヒーリングの光, 創作について

宝石を作っている気分

せっせとヒーリングカボションとそれを使ったアクセサリーなどを

作っている今日この頃でございます。

アンティーク調の鍵の台座を見つけて作ったみた。

もう楽しい~。魔法の鍵みたいじゃない?

鍵の台座につけるためカボションを並べてみてみると

まるで宝石を作っているみたいな気分になって

とっても楽しい~。

私がアクセサリーを作ることになるだなんて想像もしていなかった。

こういう細かいことは得意じゃないと思ってたから。

まぁ、絵を描いているしデザインもするのだから、

そりゃたぶん普通よりも細かいことも好きなんだけど。

金属を扱うのは苦手だったのでアクセサリー作りはしないと

そう長らく思っていましたが、

これは小さな光絵の額縁のようなものと思うと

なんか出来てしまうから不思議だ。

そして今は、とっても楽しい~!のだ。

自分の光絵を宝石にするような作業なのだからでしょうけど。

なんてあれこれと思いながら、作っているのでした。

★鍵になった光絵カボションは

https://www.creema.jp/item/6541302/detail

光絵カボションオーバルネックレスは

 https://www.creema.jp/item/6542176/detail

こちらでご購入いただけます。

つぶやき, ヒーリングの光

脱皮する心

変容に似ている、同じかな。

じんましんのおかげで顔の皮も剥けたけども、

心の皮も一皮剥けようとしてる。

かもしれない。

朝起きてすぐ動けない。動きたくなくてまた寝てしまう。

というこの頃のパターンは、ちょっと鬱っぽい気持ちになっていたからと思われる。自分で客観視することが大事よね。

息子が学生寮に入ったから強いて朝早く起きる必要がなくなったからなのだけど、空の巣症候群的なものもあるのかもね。

憂鬱な気分に閉じこもりそうになった。

だけど、何かだるーい気持ちを忘れて集中できそうなことはないかと考えてみて、思いついたのでそれをえいやっとしてみることにした。

とりあえずパソコンのスィッチ押した。

それでもだるくて寝ちゃうこともある更年期なお年頃ですが、今日は頑張った。

リクエストいただいたカレンダーを作ってみることにした。

デザインしている時は忘れられる。

気付くと夕方になっていた。

うん。脱皮したかな。ちょびっとだけ。

つぶやき, ヒーリングの光

in transformation 変容中

変容中の細胞をイメージした光絵でござる。
私の光絵が細胞みたいと言われたので、

ヒーリングで細胞が変容中なイメージした光絵でござる。

私の光絵が細胞みたいと言われたことがありまして
それからちょっと細胞・・と意識してまして
ヒーリングで細胞が変容中なイメージで。

そういえば、ヒーリングをしている時
細胞が光で変容するイメージをするのです。
繋がっているのかな。

ライラックは変容を促すエネルギーで、
ピンクは宇宙の根源からの無制限、無条件の愛のエネルギー
その光を受けて、ビビビッと電撃を受けているかのように
垢のような古い不要なエネルギーを浄めて散じている。
活性化して輝くのだ~!
なんてイメージです。

たぶん、今の私もこんな時期なのではと思っている。
古いエネルギーをビビビッと振るい落としている。

でも、ちょっと痛みが伴っている。
ので、ちょいとへたっているのだ。

なんて、言ってみる。

へたっている言い訳?いや、変容中なの!

だって、痩せたし!

一皮向けた(ほんとにぼろぼろと剥けた)ら、
シミが薄くなったのだ!
これを変容といわずなんと言う!

つぶやき, ヒーリングの光

紅く染まる

紅葉は南の島では見れないのですけど、

鮮やかに紅い葉っぱはよく見ます。

秋とは関係ないけれど。

秋冬に紅い葉を見ると嬉しいのは何故だろう?

光絵の場合、コーラルレッドは自分自身を愛することを促す

自分にノーと否定して抑圧するのをやめて

自己犠牲をやめて、愛や慈愛をもたらす。

女性性を癒す色なんだと思う。

女性は自分を抑え犠牲的になることが多いから。

それに変容を促すライラックの光を加えて描いたのが

今回の光絵「Sandalphon

変容の仕上げのような今の時期に必要なエネルギーではないかなと思う。

ヒーリングの光

芽生える/Yellow&Vioret

台風の塩害で、しばらく島の木々や草花は

見る影もなく、緑じゃなくて茶色になってました。

ちょっと荒んだ気分になってしまうのは致し方なし。

この頃、ようやっと新しい緑が芽生えてきた。

全滅した苗の代わりに、もう一回新しく植えなおした

白菜やらブロッコリーやら大根の芽も日々すくすく伸びている。

植物ってやっぱりすごいな、生命力を感じる。

また甦り芽生える植物たちの生命力にあやかって

再生して目覚めるエネルギーを描いてみました。

黄色と紫に水色を加えたエネルギー。

犠牲者であることをやめて、つらい体験も手放して、

勇気を持って変化を起こし、人生に歓びをもたらす。

それを表現する力強く高らかに・・・そんなエネルギー。

よろこびの光を感じさせる光絵になりましたでしょうか?

ヒーリングの光

月光に癒されて

いつか描こうと思っていた月下美人をモチーフに

月光花 moon light flowerの光絵を描いてみました。

夜にしか咲かない大振りの花は、はっとする美しさでした。

残暑厳しいこの頃は、昼間はあまりの暑さにぐでっとしていて

夜の方がずっと過ごしやすいですよね。

それで夜に散歩して見に行ったわけです。

ええ、私が咲かせたわけじゃないんです。

めずらしいものが咲いているから見においでと、

ご近所さんに呼ばれまして。

そして見せていただいた月下美人は

そりゃ、もう、神々しい輝きがありました。

なんとか描けないものかと思ってまして

いくらか表現できていますでしょうか?