ヒーリングの光, 創作について

やさしい祝福・蝶々コラージュ

 

光絵「やさしく灯して」に蝶々を

コラージュした作品「やさしい祝福」。

「やさしく灯して」は自分への厳しさを緩めて、

自分自身をありのまま許し優しくすることで、

宇宙からの祝福を受け取る。

そして、自分への人へも思いやり慈悲の心を持つ。

そんなヒーリングエネルギーのイメージ。

そして、そこへ蝶々は祝福のシンボルとして。

蝶々たちは「それでいいよ」「よくやったね」

「宇宙からの恩寵をどうぞ」

とメッセージを届けてくれる存在。

 

コラージュは、前からやってみたかったので、やってみた。

光絵に蝶々コラージュ。銀ラメも振りまいてみた。

パネルに仕立てて、グロスメディウムでコーティングして

ピカピカのてかてかになってる。

こんな感じに。

ツヤツヤ具合に満足している。

ヒーリングの光

光絵「RaspberryPower」

 

ラズベリーピンクの光絵「RaspberryPower」は、

光絵の「いのちのうた」シリーズの新バージョン。

この色!今の私が求めているエネルギーでした。

これ!と思いましたもん。

 

深い疲労や失望、倦怠感を癒し、過敏になっている神経を鎮め、

見失っていた愛と思いやりの気持ちをもたらしくてくれる。

勇気と創造性も与えてくれ、元気にしてくれる

ヒーリングエネルギーのイメージです。

女性性を癒してくれるエネルギーでもあります。

ここですね。これ!と感じたのは。

女性ホルモンが減少していてバランスを崩している方などに。

働き過ぎてヘロヘロになっている人にもいいかも。

 

30cm角フレーム入りに仕上げてみました。

プロ仕様の最高級フォトペーパーに印刷してみたら

すっごくきれいに仕上がった。

やっぱりお高い紙というのは良いのだなぁ。

これからは、この紙使っていきます。

 

クッションも作ってみた。↓ こちらで見てみて。

https://www.creema.jp/item/7432986/detail

 

制作しながら、レベッカのラズベリードリーム(^。^)♪が

頭の中を流れているのでした。

元気が出るよね。nokkoさん大好きです。

 

ヒーリングの光

Holy harmony 男性性と女性性の調和

これも旧作で整理して見直して、

今見ると悪くないかもと思ったもの。

コーラルピンクとターコイズブルーのこの光絵は

女性性と男性性の統合を助けて、

依存や中毒を手放し、真の自立へ導きます。

男性優位の時代は終わりとなり、

抑圧されてきた女性性が復活している

そんな時代ですが、

男性性というのは実行力、行動力

社会で生きてく力強さです。

女性性というのは感性力、受容力

人に共感し受け入れ寄り添う優しさです。

これは男女関係なく個人の中に

それぞれ持っているものですよね。

どちらに偏っていても生きずらいのです。

いつもバリバリ外で働き戦っていたら疲弊するし

いつも内に籠っていても発展はありません。

どちらかに依存していると苦しいのです。

アンバランスで苦しい状態でいると、

なにかに依存してバランスを取ろうとし

ますますアンバランスになるというわけ。

両方を尊重し、助けあうのは理想のかたち。

男女のパートナーシップと同じです。

自立している同志でいることが

真のパートナーシップ。

それぞれのバランス、パートナーとのバランスを

整える聖なる光、そんなヒーリングのイメージです。

 

ヒーリングの光

Fry and shine 飛んで!輝いて!

2016年の作品ですが、再注目~!私的に。

リアルファブリックさん https://www.realfabric.jp/

という、オリジナルな絵を生地に印刷してくれるサイトがあります。

この「Fry and shine」をそちらにデザイン申請していたのです。

審査されてOKとなると、そちらのサイトで販売もしてくれる

という素晴らしいシステムです。

審査が通って商品として販売されていたようでして。

 

・・・実は応募したっきり忘れていたのでした。

なんで思い出したかというと・・・

インスタグラムをチェックしていたら

この絵を使ったタペストリーがアップされていて

とってもびっくりしたのです。

リアルファブリックさん、フォローしてたので、

見ることができたわけですが。

 

そうかー、生地になって販売されたんだ!

購入してくれた人がいるんだ!

タペストリーをハンドメイドしてアップしてくれている!

「元気が出そう」な絵と描いてくれていて、

もう、うれしくて舞い上がっちゃいました!

 

https://www.realfabric.jp/view.php?num=560&tb=&count=&category=9&pg=1

こんな感じで販売されております。

 

そして、久しぶりに見たら、この絵、

Fry and shine. 良いかもしれない。

これを機に、見直してみて

新しいバージョンを描いてみたりしようかな。

ヒーリングの光

光絵「満ちて開く」

南の島にソメイヨシノは咲かないし

桜の季節はとっくに終わってますが、

テレビとかネットとかで、盛んに見るので

あぁ、そうか、桜が咲く季節なのだと思う。

今年はインスタグラムなどを見るので、

余計に、美しい桜の映像をたくさん見ている。

そんな桜の映像を見るたびに

桜というのは日本人には特別な花だなぁと思う。

私も名古屋に住んでいた頃は

花見に出かけたものですし

学校などには必ず何本か桜があって

この時期には目を楽しませてくれたものです。

良いよね~。とくに満開の桜。

みんなが待ちわびている。

満ちて開くその時を。

夜にライトアップされた桜も美しくて

わぁっとその一瞬に満ち溢れる

桜のエネルギーを体感して感動する。

そんな光景を思い出して、

新しい光絵を描きました。

「満ちて開く」ヒーリングの光。

満を持して、その時を迎える。

エネルギーが溢れ、人々を感動させる。

そんな人に私もなりたい。

 

ヒーリングの光

苦みを甘みに

 

私の作品は、デジタルで描いているので、

色の組み合わせなどは画面上で

いろいろと組み合わせとか色味を

あーでもないこーでもないと

試してみることができるのです。

そこがデジタルのとっても素敵なところ。

今回のこの光絵「ラツィエル」も

この色、この組み合わせ!新鮮!

そして、今とっても良い!と思った。

ということは、今求めている光なのですね。

グレープフルーツのような色に

明るいピンクがかった紫の組み合わせは

苦みを甘みに感じさせてくれるヒーリングの光。

苦しみを引き寄せてしまいがちな人へ

もう苦しむのはやめて自分に甘くしていいよと

意識の書き換えをしてくれる。

苦しみ癖のカルマを浄化してくれる。

そんなイメージです。

たとえば、貧困から豊かさへ。

試練多い人生を穏やかでスムーズな人生へ。

変えてくれる光なわけです。

今、必要な人は多いと思うので

作品にしてみました。

 

 

つぶやき, ヒーリングの光

あるがままの自分を受け入れる

 

長らくお休みしちゃいました。

いろいろあり過ぎて、自分でもよくわからない。

体調だったのか、精神状態だったのか、

忙しくてバタバタしていた気もするし

ひたすら寝ていたような気もする。

どっちも正しいのかも。

バタバタと用事を済ませたら、

バッタリと寝込むということを

繰り返していたから。

ようやっとひと心地、ひと段落した。

ふーーーーーーー。

はて?何をしていたのだろう?

そんな時間が長すぎて、分からなくなった。

ただ、「あるがままの自分」を受け入れる

そんなワークをしていたような気もする。

つまり、うまくできない自分とか、

理想にちっとも近づけない自分とかを

そのままでもいいよ、と。

頑張らなくていい、と自分を楽にすることが

やっと出来たら、ひとごこち。

そんな感じかもしれない。

ヒーリングの光

祈りの光

この光絵は北海道で大きな地震が起きた時に

北海道の方を思って描いたものです。

遠く離れた南の島におりますから、

北海道の地震は、ニュースで知ったのですが、

ちょうど少し前に絵をご購入いただいた方と

何度かメッセージをやり取りしていたのですが

そういえば北海道にお住まいだと思い出して・・・

メッセージも途絶えていたので、大丈夫かしら?

と心配になりました。

こうして少しネットでやりとりしただけの私でも

こんなに胸がざわざわするのだから

もっと親しい家族だったりしたら、

どれだけ不安だろうかと思って

ニュースでの経過を見ながら思っていましたし

いつなんどき、こんな災害があるか分からないんだな

と改めて感じて、自分に降りかかったらと思うと、

やはり不安でドキドキするのでした。

こんなときに出来ることは祈ることくらいだろうかと

遠く離れた南の島から北海道へ、ご無事を祈りました。

安否が分かるまで、どうにも落ち着かず、

それで祈りを込めながら、光絵を描いていたのです。

どうかご無事でありますように、

大変な思いをされていませんように。

安全に心安らかにお過ごしになっていますように。

そんな加護を祈るときに、

祈りは光となって向かっているように感じました。

そんな光を描いています。

幸い、しばらくしてその方のご無事が確認できて

とてもほっとしました。

良かった、と思って、感謝を宇宙にささげました。

それもまた祈りの光となって宇宙に届いたかな?

祈るということが光のメッセージのように感じたのでした。

 

ヒーリングの光

よりいっそう深きところ

印刷仕上がってきたファブリックパネル。

この光絵は印刷具合によっては、色が沈んで難しいので

布に印刷するとどうなるかと案じてましたが

わりと納得できる仕上がりでした。

光絵「よりいっそう深いところ」は

誰もが持っている内奥に秘めている魂の輝きを描いています。

不可侵の絶対的な、輝きを誰もが持っていると思う。

隠して潜めているかもしれないけれど、

深く深く自分の奥深くを見つめて探していえば、

一番奥深くになるのは、輝く光。

もしかすると、絶望を越えた、もっと深いところにあるのかもしれない。