つぶやき, 南の島模様

キャベツ、小さいとかわいい

我が家ではほとんど野菜は買わない。

だんなが畑してるから。小規模農園ですが。

そんなわけで毎日なにかしら畑からやってくる。

今日は、このちっこいキャベツ。

いったん畑を敷きなおすので、小さいけど収穫したと

(耕しなおして新しい苗を植えるということらしい)

わお、かわいい。と思って、写真を撮った。

かわいいよね?かわいくない?この小ささ。

芽キャベツじゃないのよ。ただ小さいだけなの。

マグカップの上に置いてみた。かあいい。

小さきものとはそれだけで、なぜにこんなにかわいいのか?

さんざん愛でてから、豚肉と炒めて食べました。

小さいキャベツは、かわいいけど、苦い。

 

つぶやき, ヒーリングの光

あるがままの自分を受け入れる

 

長らくお休みしちゃいました。

いろいろあり過ぎて、自分でもよくわからない。

体調だったのか、精神状態だったのか、

忙しくてバタバタしていた気もするし

ひたすら寝ていたような気もする。

どっちも正しいのかも。

バタバタと用事を済ませたら、

バッタリと寝込むということを

繰り返していたから。

ようやっとひと心地、ひと段落した。

ふーーーーーーー。

はて?何をしていたのだろう?

そんな時間が長すぎて、分からなくなった。

ただ、「あるがままの自分」を受け入れる

そんなワークをしていたような気もする。

つまり、うまくできない自分とか、

理想にちっとも近づけない自分とかを

そのままでもいいよ、と。

頑張らなくていい、と自分を楽にすることが

やっと出来たら、ひとごこち。

そんな感じかもしれない。

つぶやき, ヒーリングの光

やさしく灯して

思いだったり、愛だったり、を

やさしく穏やかに灯してほしい。

なんて思うのは、この頃いろいろ辛いことが多いから。

今まで信じてきたことが崩れ去って、

当り前と思っていたものは頼れないと気付いて、

愕然と呆然としてしまうのだけれど、

でも、古いものは壊れて、

新しい風に吹かれないといけない時だから

そういうことが多発するのだろうと

どこかで分かっているので、

愕然と呆然と、時々哀しく思ったりもするけど

心を前へ、未来へ、明るい方へ

切り替えて向けていこうと

そんな気持ちで、この絵を描いたのでした。

つぶやき, 南の島模様

ヤモリーヌちゃん発見

ヤモリの赤ちゃんです。洗濯バケツに張り付いてました。

発見、なんて言ってますが、実は南の島では珍しくありません。

やたらいます。いつもいます。ケケケケと鳴き声もよく聞きます。

たいてい台所の窓に張り付いてます。

虫が多いのでお腹ぽんぽこりんにして肥えてます。

写真のヤモリーヌちゃん(仮名)はまだ小さかったけど。

虫は食べてくれるけど、フンをやたら落とすのでちょっと困る。

そんな存在ですが、赤ちゃんはなんでもカワイイな。

ヤモリーヌちゃんと命名してみた。

つぶやき, ヒーリングの光

脱皮する心

変容に似ている、同じかな。

じんましんのおかげで顔の皮も剥けたけども、

心の皮も一皮剥けようとしてる。

かもしれない。

朝起きてすぐ動けない。動きたくなくてまた寝てしまう。

というこの頃のパターンは、ちょっと鬱っぽい気持ちになっていたからと思われる。自分で客観視することが大事よね。

息子が学生寮に入ったから強いて朝早く起きる必要がなくなったからなのだけど、空の巣症候群的なものもあるのかもね。

憂鬱な気分に閉じこもりそうになった。

だけど、何かだるーい気持ちを忘れて集中できそうなことはないかと考えてみて、思いついたのでそれをえいやっとしてみることにした。

とりあえずパソコンのスィッチ押した。

それでもだるくて寝ちゃうこともある更年期なお年頃ですが、今日は頑張った。

リクエストいただいたカレンダーを作ってみることにした。

デザインしている時は忘れられる。

気付くと夕方になっていた。

うん。脱皮したかな。ちょびっとだけ。

つぶやき, ヒーリングの光

in transformation 変容中

変容中の細胞をイメージした光絵でござる。
私の光絵が細胞みたいと言われたので、

ヒーリングで細胞が変容中なイメージした光絵でござる。

私の光絵が細胞みたいと言われたことがありまして
それからちょっと細胞・・と意識してまして
ヒーリングで細胞が変容中なイメージで。

そういえば、ヒーリングをしている時
細胞が光で変容するイメージをするのです。
繋がっているのかな。

ライラックは変容を促すエネルギーで、
ピンクは宇宙の根源からの無制限、無条件の愛のエネルギー
その光を受けて、ビビビッと電撃を受けているかのように
垢のような古い不要なエネルギーを浄めて散じている。
活性化して輝くのだ~!
なんてイメージです。

たぶん、今の私もこんな時期なのではと思っている。
古いエネルギーをビビビッと振るい落としている。

でも、ちょっと痛みが伴っている。
ので、ちょいとへたっているのだ。

なんて、言ってみる。

へたっている言い訳?いや、変容中なの!

だって、痩せたし!

一皮向けた(ほんとにぼろぼろと剥けた)ら、
シミが薄くなったのだ!
これを変容といわずなんと言う!

つぶやき, ヒーリングの光

紅く染まる

紅葉は南の島では見れないのですけど、

鮮やかに紅い葉っぱはよく見ます。

秋とは関係ないけれど。

秋冬に紅い葉を見ると嬉しいのは何故だろう?

光絵の場合、コーラルレッドは自分自身を愛することを促す

自分にノーと否定して抑圧するのをやめて

自己犠牲をやめて、愛や慈愛をもたらす。

女性性を癒す色なんだと思う。

女性は自分を抑え犠牲的になることが多いから。

それに変容を促すライラックの光を加えて描いたのが

今回の光絵「Sandalphon

変容の仕上げのような今の時期に必要なエネルギーではないかなと思う。