お知らせ, ヒーリングの光

2020カレンダー準備中!近日発売!

まだ途中なんですけど。

2020年カレンダーをデザイン作業中でっす~!

ふ~、5月まで出来たよ~(*´з`)

表紙はどの光絵にしようか・・・と悩んだけど

「新しいフェイズへ移るとき」にした。

2020年は、きっとみんなにとってそんな年になる。

という気がするので、この光絵に決定。

それぞれに季節的にふさわしい光絵を選びつつ、

デザイン作業を進めておりまする。

光絵とともに一年過ごしていただけたら、

癒されて変容も進む、といいな。

光絵カレンダーがみなさまのお役に立てたらとっても嬉しい(#^.^#)

そんな気持ちを込めて、せっせと制作しま~す!

さて、6月からの光絵を選ぶぞ~!

ではでは、発売をお待ちくださいまし!

お知らせ, ヒーリングの光

「光と海がめ」iPhonケース

じゃじゃーん。「光と海がめ」iPhonケースにデザインしました。

実は描いている時から、これ、iPhonケースにしよう。

と思っていたのでっす。

それも強化ガラス仕様の。

残念ながら、iPhonにしか対応してないのですが。

アンドロイドは手帳型の方で作ろうかな~と思ってるので

ご希望の方はご連絡ください~。すぐデザインします~。

画像は合成です。デザインしたものをはめ込んだの。

いつもお願いしているcanvasさんは印刷もきれいに仕上げてくれるので

良い感じにできると思うのですよ~。

creemaでお買い求めいただけます。

https://www.creema.jp/item/7807165/detail

よろしければぜひ、ぜひ。

お知らせ, ヒーリングの光

UneGraineMint・自分を愛して創造性を発揮する

マット紙に印刷してからUVジェルメディウムを塗布して

金色アクリル絵の具でサインとエディションナンバーを書き入れて

フレームに入れてみた。

このUneGraineシリーズは”大地の中の種”の意味。

まだ表に出ていない状況でもエネルギーを蓄え、

蓄えたエネルギーがいつか花を咲かせ、

実を実らせるパワーを与えるヒーリングのイメージ。

与えてくれるのは、自分を信じる気持ちと

焦らずに大いなる意志に委ねる気持ち。

そして、この絵のMint(ターコイズブルー)は

創造性、クリエイティビティのエネルギー。

とくに人生を創造するエネルギーのイメージ。

大地のエネルギー、ディープマジェンタの中で育まれる。

地に足をつけて行動するグラウンディング強化でもあるし、

自分の個性を大事し、自分を育てるエネルギーになる。

種の光の中心にあるコーラルピンクは

自分で自分に愛を与えることができるように

助けてくれる光。

誰も愛してくれない、と嘆くのではなく

自分をだめだと自分を否定して虐めるのではなく

自分で自分をありのまま愛することができると

いつのまにか、自然と愛で満たされる。

自分を本当の意味で愛するのは意外と難しい。

報われないことが多いと思っている人は

自分で自分をだめだと否定している。

自分をありのまま愛する必要がある。

そうすると、本当の創造性を発揮できる。

創造性は人生を創ることができるパワー。

お知らせ, ヒーリングの光, 創作について

宝石を作っている気分

せっせとヒーリングカボションとそれを使ったアクセサリーなどを

作っている今日この頃でございます。

アンティーク調の鍵の台座を見つけて作ったみた。

もう楽しい~。魔法の鍵みたいじゃない?

鍵の台座につけるためカボションを並べてみてみると

まるで宝石を作っているみたいな気分になって

とっても楽しい~。

私がアクセサリーを作ることになるだなんて想像もしていなかった。

こういう細かいことは得意じゃないと思ってたから。

まぁ、絵を描いているしデザインもするのだから、

そりゃたぶん普通よりも細かいことも好きなんだけど。

金属を扱うのは苦手だったのでアクセサリー作りはしないと

そう長らく思っていましたが、

これは小さな光絵の額縁のようなものと思うと

なんか出来てしまうから不思議だ。

そして今は、とっても楽しい~!のだ。

自分の光絵を宝石にするような作業なのだからでしょうけど。

なんてあれこれと思いながら、作っているのでした。

★鍵になった光絵カボションは

https://www.creema.jp/item/6541302/detail

光絵カボションオーバルネックレスは

 https://www.creema.jp/item/6542176/detail

こちらでご購入いただけます。

お知らせ

ファブリックパネルにしました。

嬉しいことにリクエストいただいて、

「サンゴ・いのちのはな」をファブリックパネルに仕立てました。

今まで頼んでいたところがパネルはできなくなったので

新しいところに依頼して印刷してもらった。

自分でしようかと悩んだのですが、ちょっと忙しかったので。

昇華転写方式でポリエステルの生地に印刷し

木製パネルに貼ってもらったのですが・・・

発色がイマイチでした。布に印刷したものは仕方ないのだけど

クッションとかは別のところだけど鮮やかに印刷してくれるのだけどなぁ。

仕方ないので、アクリル絵の具で手彩色加筆しました。

写真は手彩色加筆したものです。太陽光で撮影しました。

印刷は思ったとおりに印刷できるかどうか、スリリングです。

それでできるだけ自分でするのだけど、

できないものもある。スマホケースとかね。

でも、いつもお願いしているところはいいんですよ。

クッションとかね。安心してお願いしています。

お客様からも思ったよりもきれいな色でしたと言ってもらって嬉しい。

そう思うと、いつもお願いしているところに感謝、再確認なのでした。

これも出会いなのですね。

パネルはもう少し探してみようかな。

いろいろ試行錯誤な夏です。