ヒーリングの光

潜在意識の底に眠るカルマの光

なぜだか、たぶん、そんな星の巡りなのだろうけど

いつもは意識の底に沈んでいる

カルマというような、

暗い、思い癖のようなものを

感じるこの頃。

人と理解しあうのなんて無理なんだって思いだったり

どうも肝心の家族と話しが合わないと感じたり

今いるところが自分の居場所じゃないとか思ったり

それが、そういうカルマのようなものからくる

という感じがする。

いつかの前世とか、ご先祖さまもそうだったとか

そんな深いところにあるような感じ。

それは、その意識を手放ししないと、

何度だって、どこでだって、同じようなことが

引き寄せられてきちゃうんだぜっていう

強迫観念のような、

消しても捨てても、またじめって湧いてくるカビみたいな

なんだかお馴染みの感覚なのだ。

いい加減おさらばしたいもんだと、

嵐のようなカルマの浮き上がりに

この光を感じたのですよ。

奥底の暗い所でほの暗く、それは光っている。

それがまた、なぜか美しいんだよね。

なぜだろうか、宇宙とか神仏にとってみたら、

それもまた恩寵だといいたげだ。

ギフトとして受け取ることもできるのだと。

機会を与えられているのだ。我々は。

進化の機会ってことかな。

動かないチャクラのようなものかも。

回転させて活性化させたら、

ものすごい光が起こって、奇跡が起こる。

そんなものかもしれない。

と、カルマの光について思いを馳せる。

ヒーリングの光

変化を助ける天使の光

「天界の花」から派生した光絵

「変化を助ける天使の光」

ミントがかったブルーは

エメラルドグリーンの隣にあって

ターコイズを含んだオリーブグリーン

オリーブグリーンは自分の価値を見直して

自分を受け入れることを促す

ターコイズブルーは創造性を助ける

合わさると個性化を促す。

より自分らしく、自分を輝かせるということ。

その光に囲まれているバイオレットは

古い自分を壊して新しい自分を生み出す

変化するための光。

変化を助ける天使は、この光を携えて

あなたのもとへやってくる。

ヒーリングの光

蓮の光の中で。in the light of lotus

夜中に突然思いついて、

以前からあった光絵を組み合わせて

描いた「in the light of lotus

蓮の光の中で」月桃和紙に出力。

蓮というのは泥の中から立ち上がり

美しい花を咲かせることから

古来から悟りのシンボルだったり

苦しみを昇華して花咲く、

そんな神々しいイメージがある。

実際に蓮の花を見ると、

なんともいつまでも眺めていたくなる

惹きつけられる神性を感じる花。

あぁ、そうか、分かった!!

と悟りをもたらしてくれるような

そんなパワーが宿っている。

そんな宇宙からの贈り物のような

インスピレーションの源のような

蓮のパワーの光をもらって、

鳥たちははばたく・・・そんなイメージ。

 

 

 

お知らせ, ヒーリングの光

「光と海がめ」iPhonケース

じゃじゃーん。「光と海がめ」iPhonケースにデザインしました。

実は描いている時から、これ、iPhonケースにしよう。

と思っていたのでっす。

それも強化ガラス仕様の。

残念ながら、iPhonにしか対応してないのですが。

アンドロイドは手帳型の方で作ろうかな~と思ってるので

ご希望の方はご連絡ください~。すぐデザインします~。

画像は合成です。デザインしたものをはめ込んだの。

いつもお願いしているcanvasさんは印刷もきれいに仕上げてくれるので

良い感じにできると思うのですよ~。

creemaでお買い求めいただけます。

https://www.creema.jp/item/7807165/detail

よろしければぜひ、ぜひ。

つぶやき, 南の島模様

夏バテの夜にうだうだ思う

いやー、なんだか、連日の暑さで、ぐでぐでです。

昨日、今日は、とうとうちょっと起きてられず。

最低限の家事とかはなんとかやっつけて、

そんであとは寝てる。疲れているらしく寝れる寝れる。

こうして夏バテで倒れるのも毎年のこと…と思ったが

いや、なんだか年々ひどくなっている気がするぞ。

これ、気のせいじゃないよね?

地球のこのホットさ加減はやばいんじゃないかと

環境問題にそれほど関心もない私でも

これはほんとあっちくて住めなくなる前に、

人類は英知を結集してなんとかしないとなんないんでないの?

なんて、思うわけです。

思うだけで、ぐでぐでになって、くたばってますが。

亜熱帯の南の島も、昔より暑くなっているらしい。

昔は冬にはコートやらセーターやら着てたらしいし。

たしかに海風は強いですからね。

冬の風は南の島でもぶるぶる寒い。

でも、この10年で年々冬の寒さもそれほどでもないように感じるし

そして、やっぱり夏の暑さがもう大変。

だけど、もっとびっくりなのが

天気予報を見ると、内地の都会の方がすごい数字をたたき出している。

40度とか41度とか、どうしちゃったんでしょうかね?

みなさん、どうやって過ごしているのやら。

エアコンないと死んじゃうよね。

島のお年寄りはエアコンが苦手で、エアコンなしで過ごしている人も

まだいるんですよ。朝晩はね、まだ涼しくなるし。

死んじゃうほどじゃないかもしれない。

南西諸島らへんが避暑地になるなんて。ほんとにびっくり@@

そんな島でも暑くてバテバテな私。

暑い都会ではとても暮らせないかもなぁ~。

ほんとに地球はこのままホットになるばっかりなのでしょうか?

だれか教えて~。

なんてうだうだする夏の夜。

女神と天使

天使の絵がお嫁入り

この度、この天使たちの絵「上空へいらっしゃいませ」

がお嫁入りすることになりました!

うわーん!嬉しいー!ありがとうございます!

思い入れの深い絵だったので

ひとしおにうれしいのでございます。

描いてよかった!出してよかった!

と浮かれ踊っております。ばんざーい!

しかしこれは、わりと思いつき、勢いで描いたもの。

計算なしのインスピレーションのままに。

そのまま出しちゃって、えへ、みたいな感じの生ものみたいな。

でも、それを喜んでいただけるというのがまた

とてもうれしい。

またそういう絵を描きたい、と思うのでした。

降ってこーい!両手を広げてまってます!

ヒーリングの光, 南の島模様

月桃和紙に「光と海がめ」

月桃和紙にinkjetprintingして

白いフレームに入れてみた。

波の揺らぎと、水音を

感じてみてくだされ。

海がめのように、

ゆったり泳いでいる気分になれる

といいな。

https://www.creema.jp/item/7766850/detail

https://minne.com/items/19668636

で販売中。

ヒーリングの光, 南の島模様

光絵「光と海がめ」

お盆、エアコンのない台所で

ごちそう作りしてお墓参りしたら

ダウンした。

 

暑い~なんだこの暑さは~と

へたっていたら、

この亜熱帯の南の島よりも、

内地の方が37度、38度、、とかニュースで見てたまげた。

異常な暑さなのに、

40度いってなくて、まだ凌げるとか言ってるし。

ええーー?まじですか?

こっち32度くらいでヘタってるけど、

もしかして、内地の方が過酷?

うーん、そういえば、海から吹く風は涼しいのですよ。

島が涼しいのは海風のせいだろうね。

うーん、うーん、異常事態が普通になってる感じ。

せめて、涼しく感じてくだされ。

海の中を泳ぐウミガメを描いてみた。

 

ヒーリングの光

朱に燃ゆる

昨日、今日とすごく赤い絵を描きたくて。
燃えたい~!と思う一方。

すごい眠い・・・・。

感情がどわっと出る。ぶりぶり怒ったり。
どっと自己嫌悪に陥ったり。忙しい感じ。
ライオンゲートのせいかも。

こういう時は、とにかく
手放しが大事よと思いつつ、
リリースワークしながら寝てるし。

眠りながら、夢の中でリリース出来てたら良いな~。

私のリリーフワークのひとつは、

浮かび上がってきた感情をイメージで物質化して

それをつかんだら、手放す必要を確認してから、

太陽の中に、手放す感情を放り込んで燃やしてしまう

燃えつくして無くなってしまうまで

じぃっとイメージングする。

真っ赤に朱に燃える炎に燃やしてもらう。

だから赤は強い昇華のパートナーだ。