ヒーリングの光, 創作について

やさしい祝福・蝶々コラージュ

 

光絵「やさしく灯して」に蝶々を

コラージュした作品「やさしい祝福」。

「やさしく灯して」は自分への厳しさを緩めて、

自分自身をありのまま許し優しくすることで、

宇宙からの祝福を受け取る。

そして、自分への人へも思いやり慈悲の心を持つ。

そんなヒーリングエネルギーのイメージ。

そして、そこへ蝶々は祝福のシンボルとして。

蝶々たちは「それでいいよ」「よくやったね」

「宇宙からの恩寵をどうぞ」

とメッセージを届けてくれる存在。

 

コラージュは、前からやってみたかったので、やってみた。

光絵に蝶々コラージュ。銀ラメも振りまいてみた。

パネルに仕立てて、グロスメディウムでコーティングして

ピカピカのてかてかになってる。

こんな感じに。

ツヤツヤ具合に満足している。

ヒーリングの光

光絵「RaspberryPower」

 

ラズベリーピンクの光絵「RaspberryPower」は、

光絵の「いのちのうた」シリーズの新バージョン。

この色!今の私が求めているエネルギーでした。

これ!と思いましたもん。

 

深い疲労や失望、倦怠感を癒し、過敏になっている神経を鎮め、

見失っていた愛と思いやりの気持ちをもたらしくてくれる。

勇気と創造性も与えてくれ、元気にしてくれる

ヒーリングエネルギーのイメージです。

女性性を癒してくれるエネルギーでもあります。

ここですね。これ!と感じたのは。

女性ホルモンが減少していてバランスを崩している方などに。

働き過ぎてヘロヘロになっている人にもいいかも。

 

30cm角フレーム入りに仕上げてみました。

プロ仕様の最高級フォトペーパーに印刷してみたら

すっごくきれいに仕上がった。

やっぱりお高い紙というのは良いのだなぁ。

これからは、この紙使っていきます。

 

クッションも作ってみた。↓ こちらで見てみて。

https://www.creema.jp/item/7432986/detail

 

制作しながら、レベッカのラズベリードリーム(^。^)♪が

頭の中を流れているのでした。

元気が出るよね。nokkoさん大好きです。

 

つぶやき, 南の島模様

夕映えアダン

梅雨はどこへ行った?と思うような

晴れが続いております。

洗濯物が乾くし、じめじめもましになるので

私は歓迎だけど、きっと植物たちは

梅雨には雨がじゃんじゃか欲しいのだろうね。

なんて、思う夕方です。

この海の見える公園の四阿で、

島を離れる友人と待ち合わせ、

スコーンと缶の紅茶とかりんとうなんかを持ち寄り、

お茶しながら、話をいろいろ。

子どもが高校を卒業して、大学へ行ったので

一緒に島を出るそうな。

最近多いパターン、子育てがひと段落して

島を出るなら最後のチャンス、と都会へ移住。

離島で暮らすのも楽なことばかりじゃないのです。

とく子育ては、良いこともあったけど

離島ならでは、大変だな・・と思うことも多し。

次のステージは場所を移して、今までと違う暮らしをしたい

と思うのでござるよ。

うんうんと話を聞きながら、アラフィフ過ぎての再出発

不安もいろいろあるものの。

「なんとかなるよ」と笑う友人に、

なんだか逆に励まされる私なのでした。

うんと年取って都会暮らしに疲れたら

また帰ってきてのんびり島で暮らすかも。

なんてことも言ってました。

そんな風にステージを変えて生きていく。

それもありだね~と思うのでした。

 

ヒーリングの光

Holy harmony 男性性と女性性の調和

これも旧作で整理して見直して、

今見ると悪くないかもと思ったもの。

コーラルピンクとターコイズブルーのこの光絵は

女性性と男性性の統合を助けて、

依存や中毒を手放し、真の自立へ導きます。

男性優位の時代は終わりとなり、

抑圧されてきた女性性が復活している

そんな時代ですが、

男性性というのは実行力、行動力

社会で生きてく力強さです。

女性性というのは感性力、受容力

人に共感し受け入れ寄り添う優しさです。

これは男女関係なく個人の中に

それぞれ持っているものですよね。

どちらに偏っていても生きずらいのです。

いつもバリバリ外で働き戦っていたら疲弊するし

いつも内に籠っていても発展はありません。

どちらかに依存していると苦しいのです。

アンバランスで苦しい状態でいると、

なにかに依存してバランスを取ろうとし

ますますアンバランスになるというわけ。

両方を尊重し、助けあうのは理想のかたち。

男女のパートナーシップと同じです。

自立している同志でいることが

真のパートナーシップ。

それぞれのバランス、パートナーとのバランスを

整える聖なる光、そんなヒーリングのイメージです。

 

創作について, 南の島模様

花を抱えて

作品を整理していたら、だいぶ前に描いた

水彩画が出てきました。

花を抱えている着物を着た少女の絵です。

描いた当初は、思ったように描けない自分にがっかりして

しまいこんでいたものですが、

今見たら、悪くないように思える不思議。

下手なところ愛嬌のように見える不思議。

これは島で作られたサトウキビ手漉き和紙で

素朴だけど、こってりした風合いがあるのです。

またこの紙に、なにか描いてみようかと思ったのでした。

女神と天使

上空へいらっしゃいませ

またご無沙汰になってしまいました。

今年はほんとなんて年だ・・・と嘆くくらいに

動けなくなることが多いですが。

だが、しかし!復活するのだ!

まだぜんっぜん本調子ではないけど。

起きていられる時間が少ないのだけど。

でも、でも、山は越えたと思う。

疲れると寝込むので、疲れないように

調整しながら、少しづつ体力をつけてゆくぞ~!

お~!・・・とベットの上で寝ながら気勢を上げるのだ。

起き上がれる時間に少しづつ描いていたのが

この絵です。

「上空へいらっしゃいませ」

動けない人は、動ける夢想をするものです。

空なんか見上げると、気持ちよさそうに

天使が舞っている空想なんかするのです。

上空へいらっしゃいと言っても、

昇天しちゃうってことじゃないですよ。

落ち込みがちになるけれど、波動を落とさず

気持ちは上げていきましょう!

ということです。

再生するための小さな死を、今体験しているのだと

信じるのですよ。

古い意識は手放して、新しい意識に変容させてゆくために。

空は澄んで、天使は微笑む。

明るい気持ちを保つことで、上向きにするのだ~!

天使はそのサポートをしてくれている。

そんな気持ちで描いでみました。

ヒーリングの光

Fry and shine 飛んで!輝いて!

2016年の作品ですが、再注目~!私的に。

リアルファブリックさん https://www.realfabric.jp/

という、オリジナルな絵を生地に印刷してくれるサイトがあります。

この「Fry and shine」をそちらにデザイン申請していたのです。

審査されてOKとなると、そちらのサイトで販売もしてくれる

という素晴らしいシステムです。

審査が通って商品として販売されていたようでして。

 

・・・実は応募したっきり忘れていたのでした。

なんで思い出したかというと・・・

インスタグラムをチェックしていたら

この絵を使ったタペストリーがアップされていて

とってもびっくりしたのです。

リアルファブリックさん、フォローしてたので、

見ることができたわけですが。

 

そうかー、生地になって販売されたんだ!

購入してくれた人がいるんだ!

タペストリーをハンドメイドしてアップしてくれている!

「元気が出そう」な絵と描いてくれていて、

もう、うれしくて舞い上がっちゃいました!

 

https://www.realfabric.jp/view.php?num=560&tb=&count=&category=9&pg=1

こんな感じで販売されております。

 

そして、久しぶりに見たら、この絵、

Fry and shine. 良いかもしれない。

これを機に、見直してみて

新しいバージョンを描いてみたりしようかな。

ヒーリングの光

光絵「満ちて開く」

南の島にソメイヨシノは咲かないし

桜の季節はとっくに終わってますが、

テレビとかネットとかで、盛んに見るので

あぁ、そうか、桜が咲く季節なのだと思う。

今年はインスタグラムなどを見るので、

余計に、美しい桜の映像をたくさん見ている。

そんな桜の映像を見るたびに

桜というのは日本人には特別な花だなぁと思う。

私も名古屋に住んでいた頃は

花見に出かけたものですし

学校などには必ず何本か桜があって

この時期には目を楽しませてくれたものです。

良いよね~。とくに満開の桜。

みんなが待ちわびている。

満ちて開くその時を。

夜にライトアップされた桜も美しくて

わぁっとその一瞬に満ち溢れる

桜のエネルギーを体感して感動する。

そんな光景を思い出して、

新しい光絵を描きました。

「満ちて開く」ヒーリングの光。

満を持して、その時を迎える。

エネルギーが溢れ、人々を感動させる。

そんな人に私もなりたい。

 

つぶやき, 南の島模様

キャベツ、小さいとかわいい

我が家ではほとんど野菜は買わない。

だんなが畑してるから。小規模農園ですが。

そんなわけで毎日なにかしら畑からやってくる。

今日は、このちっこいキャベツ。

いったん畑を敷きなおすので、小さいけど収穫したと

(耕しなおして新しい苗を植えるということらしい)

わお、かわいい。と思って、写真を撮った。

かわいいよね?かわいくない?この小ささ。

芽キャベツじゃないのよ。ただ小さいだけなの。

マグカップの上に置いてみた。かあいい。

小さきものとはそれだけで、なぜにこんなにかわいいのか?

さんざん愛でてから、豚肉と炒めて食べました。

小さいキャベツは、かわいいけど、苦い。