ヒーリングの光

リーフレイ・Hawaiian wind

ywaragiと同じモチーフを

今度はHawaiiのリーフレイのイメージにまとめてみた。

不思議、色合いなどの具合を変えると、

印象がちがう、別のエネルギーのものに変化するのだ。

でも、古代日本もHawaiiも自然と調和して生きる

というところが同じかなと思う。

 

リーフレイは、Hawaiiだけじゃなくて

私の住んでいる島でもよく見かける葉っぱ

ティーリーフで出来ているレイをイメージ。

ティーリーフには、魔除け的な作用があると言われている。

Hawaiiのレイは、レイを身につければ

自然のパワーを得ることができると首にかけるあの有名な花輪

歓迎とか感謝、祝福を込めて、友人や家族、恋人に贈るのだとか。

そんな魔除け、祝福、浄化のエネルギーをイメージした光絵として

光絵「リーフレイ」が誕生した。

ヒーリングの光, 南の島模様

光絵「yawaragi」

天つ風、心にやわらぎをもたらす。

 

匂玉をつけていた頃の古代の

まほろばを吹く香しい風のような

そんなエネルギーの光絵。

 

「まほろば」は「素晴らしい場所」

「住みやすい場所」という意味の日本の古語。

万葉集とか日本書紀のイメージ。

 

ヒーリングの光

匂玉magadama

新しい光絵「匂玉magadama」です。

久しぶりにモチーフから描いた作品は、

匂玉パワーをイメージした。

古代の香りがするのに宇宙的

匂玉って不思議。

太古の大らかさ、伸びやかさも感じる形だけど

つるんと丸みがあって未来的でもある。

匂玉は片割れのようなイメージがするけど

ふたつの匂玉を組み合わせると

陰陽のシンボルになる。

陰と陽が調和すると、

本当のパワーを発揮してゆく。

今回の光絵は水の匂玉と火の匂玉が調和して

輝く光を生み出している。

そんなイメージ。

 

ヒーリングの光

しあわせな蓮

 

「しあわせなじかん」という光絵と

「蓮の目覚め」というオイルパステル画を

合わせて色を変えてみました。

それで「しあわせな蓮」

黄緑とクリームイエロー

失望と非難を手放して、

調和とバランス、元気と分かち合いの気持ちを授ける。

そんなエネルギー。

つぶやき, 南の島模様

夕焼けはなぜか切ない

 

右見ると太平洋、左見ると東シナ海という

海に囲まれている

なんとも南の島な道路を通る。

昼間の日差しは暑すぎるので、

日も沈みかかった頃に買い物へ。

すみません。暑いと死んじゃうんで。

まじで、一回死にかけた。

そんなわけで、わりといよく夕焼けを見ながらドライブする。

これがとても美しい。

だけど、なんでだろうか。

夕焼けの光景は、なんでか切ないよね。

子どもの頃から、なぜだか、胸がきゅっとする。

もう一日が終わるから?

いやいや、大人になってからは夜活動の方が活発よ。

これからがイエーー!な時間じゃんよ。

なのに、なんでか。切ない。

子ども時代の名残だろうか?

楽しい時間が終わっちゃう的な

夏の終わりに感じるのに似ているよね。

きゅーんと来るからか、夕焼けの写真がやたら多い。

今日もそんな一枚。

お家が恋しくなっちゃう感じ。

いえ、これからおでかけですけどね。

 

ヒーリングの光

大きなヒーリングカボション

 

2019夏の新作から。

50mmの大きいカボションを作りました。

アミュレットにするのは大きいかもしれない。

ペーパーウェイトになる、かもしれない。

掌にのせて、ちょうどいいサイズ。

瞑想とかイメージワークのおともにいいかなと思う。

ヒーリングストーンのように使っていただけたら嬉しい。

minne、creema、みなみわかのサイトのショップから

お買い求めいただけます。

ヒーリングの光

光絵「vioret in blue」

また青い絵を描いてしまった。

浄化を求めているのだろうか。

青、好きなんだよね。やっぱりね。

そういえば、母が青マニアだったことを思い出した。

青い服を好んで着ていた。

こんなターコイズブルーの。

私の青好きは母譲りか。

そういえば、娘も青がわりと好きだな。

共通項はなにかというと、わりとツンデレ。

愛情表現がクールなんだよなぁ。

べたべたするとか苦手。

だけど、夫に、「仲いいよね」と言われた。

気は合うかもしれない。青好き同志だから。

よく一緒に買い物とか行くし。

母ともよく一緒に出掛けた。

ツンデレには、デレあるからさぁ。

クールなようで愛があるんだよ。

この絵もそんな感じ?

クールな中に愛があるんだよ的な。

ヒーリングの光

光絵「Pink-無条件の愛」

今度はピンクがマイブーム。

自分への愛を高めようと取り組み中だから。

自己愛、自己肯定がまだまだ足りないんじゃないか、

そこを高める必要があるんじゃないか、と

ひしひしと思っているこの頃、

強烈に目についた本を購入した。

「自分を愛せなくなった人へ」ティール・スワン

ティールさん、なかなか壮絶な前半生でござる。

実は私自身もなかなかの波乱万丈と思ってたけど

この人にはかなわないなぁ。

こんなことがあったら、自己肯定感は持てないだろうな

と思える著者が、自己愛を取り戻して変わったと

書かれていて、興味深々で呼んでいる。

自分を愛するための取組みも載っていて

これからそこを読むところなのだ。

インナーチャイルドのワークも載っている。

これからやってみるのだ!

なかなか良さそう。

なにか掴んだら、またシェアしたい。

ヒーリングの光

光絵「Asatuyu2019」

 

過去の作品「Asatuyu」を配色を変えて。

奄美地方は、かなりの雨量が続いています。

なんだか毎日ざんざか降っている。

雨、雨、雨で、うんざりぎみ。

じめじめしてるし、洗濯乾かないし。

天パーはくるくるだし。

あと、表に出ると足がびしょ濡れになるのが嫌・・・

などと、うだうだと言いたくなる。

そんな気分をリフレッシュしたかったのだな、たぶん。

何気にAsatuyuを選んで、この配色にしているし。