創作について, 南の島模様

花を抱えて

作品を整理していたら、だいぶ前に描いた

水彩画が出てきました。

花を抱えている着物を着た少女の絵です。

描いた当初は、思ったように描けない自分にがっかりして

しまいこんでいたものですが、

今見たら、悪くないように思える不思議。

下手なところ愛嬌のように見える不思議。

これは島で作られたサトウキビ手漉き和紙で

素朴だけど、こってりした風合いがあるのです。

またこの紙に、なにか描いてみようかと思ったのでした。