からだからのメッセージ

今、身体の不調が出やすく
休養や身体のケアが必要な時です。

あなたの身体には
どこか不調の出ているところは
ないでしょうか?

そんな時なので
今回、お話しようと思うのは
身体と心の関係について、です。

からだにどこか不調が出て来たとき
それはあなたの心が昇華できず
身体に蓄積してしまった結果
身体から、その問題にとりくみ
手放してほしいという
メッセージなのです。

物理、直接的な
原因がどうであれ、

どこにどんな風な不調が出るか
によって、
心のあり方の問題を読み解くことができます。

例えば、”頭痛”。

これは、自分の出来の悪さを
自分自身で責めていることが
スピリチュアル的な原因です。

自分への要求が高すぎて
理想どおりにいかなくて、
こんな自分はだめだと
自分自身を責め続けていると
頭痛もちになります。

自分からだけでなく
人からの評価に怯えていて
ダメだしされることを
ひどく恐れている、とも言えます。

人を導くことができるような
優秀なリーダーとならなければいけない
というプレッシャーに
押しつぶされそう、な時も

それができない自分を
自分で責めてしまって、
頭痛がしたりします。

他の人の期待に応えなければ
そういう自分でなければ
価値がない、と
思っている場合も同様です。

その裏側には、
ありのままの自分を
許せていない、ということ。

本当の自分を
受け入れられていないのです。

自分自身のものさしを持てず
人の価値感で自分を
判断しているとも言えます。

本当の自分を
取り戻して欲しくて

ありのままの
今のままの自分を
許して愛して欲しくて

からだは、
痛みというサインを
送ってきているのです。

理想の自分から
自分自身を解放して

ありのままの
等身大の自分を
愛することで症状は改善するでしょう。

ありのままの自分は
もしかすると、
理想の自分よりも
無分別かもしれない
軽率で、考えなしで

そんな自分はなんてだめなんだと
と、感じている自分を
許しましょう。

それはきっと
そう思わないといけない
環境にいたのです。

そんな自分を否定せず
ただ許して、愛してください。

実は
頭痛に苦しむ人の中には

いつも優秀であることを
求められ、でもできなくて
苦しんでいる
インナーチャイルドがいるのです。

自分の中のプレッシャーを与え続けらて
苦しんでいるインナーチャイルドへ

そのままでいいよ。
どんなあなたも愛しているよ、と
伝えましょう。

インナーチャイルドが癒されると
からだも癒されます。

私が参考にした本は

リズ・ブルボーさんの
自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

他の身体に現れる不調なども
調べられます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*