花のエネルギーを見て

それはかなーり前のことですけど

私が若くて、ちょっと生意気な
小娘だった頃のこと。

たしか頼まれて、知り合いの家の
犬の散歩していた時のことです。

あまり人の通らない路地を
歩いていたら、きれいな青い花が
咲いているのが見えたのです。

なんの花だったかは覚えていないのですが
放射状に広がって咲いているブルーの花が
とても可愛くて、きれいでした。

ブルーのレースのようなだな
と思いました。

石の壁からにょっきっと生えていて
植えられて、大切に育てられたのではなく
勝手に生えてきちゃったんだね
と言う雑草もどきな花でしたが

その時、少し嫌なことがあって
気持ちが荒んだ感じでいたので

その花を見て、癒されていました。

その時、私の聖霊が話しかけてきたのです。

花のエネルギーを見てみて、と

彼らはこんなところに生えてきて
誰に見られることもないかもしれないけど

きれいに花を咲かせて、
誰もいないとしても
愛のエネルギーを放出しているでしょう?

と、聖霊は私に言うので
その花をもう一度、そういう目で
見てみると

花のエネルギーは
放射状の形をしている、その姿のように

周囲に愛のエネルギーを
放射状に放出しているように
感じられました。

ここに命を持って、
ただ存在できたこと、

そして、花を咲かせていることが
それがただただ喜びであるかのように

世界のすべてを愛しているよ、と
愛を表現するかのように

花から愛を感じました。

そして、聖霊はさらに言いました。

この花のようになることを

あなたは目指しているのだよ、と。

あなただけではなくて
すべての魂が、最終的には
こうあることを
めざしているのだよ

生きているだけで
愛を放出している
花のような存在に

人はなれるのかしら?

と、その時、人からの悪意を感じて
もやもやしていた私は
人間がこんな風になれるわけがない

とても遠いことのように
思えたのだけど

今の体験も、
そうなるために必要だから

と聖霊はさらに私に言ったのです。

この花も、このような
石と石の間で、恵まれた場所でもなく
人から水を与えられるわけでもなく
世話をされるわけでもなく

それでも、与えられた場所で
花を咲かせているでしょう?

こんなに愛をもって・・・

この姿を目指してごらん。

そうね。そうやって
意識することは大事なのかも。

花のエネルギーに癒されて
少し気持ちを切り替えることができた
私も、花のようになれたら

その姿を見ていると
とても幸せそうだな
と思いました。

それから、
いつも、花を見ると、
そうだ、花のように
生きることを目指そう。

今ここで、喜びを持って
愛をもって、花を咲かせる
誰が見ているかどうか、も
関係なく、自分のために

そう、励みにしているのでした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*