ストレス発散落書き法

今日はアートヒーリングの方法のひとつ

ストレス発散のための落書き法についてご紹介します。

ストレスが溜まったとき
気持ちが荒れて治まらないとき
などに行うアートヒーリングです。

クレヨンで思いっきり
落書きを描いちゃうのです。
もちろん、紙の上で行いましょう。

よそ様や公共の壁に描くのは
迷惑になるのでやめましょう。

でも、紙に勝手に描くのは
個人の自由ですから、
誰に迷惑になるわけでもなく

ストレス発散ができるのです。

こういうときは
ぐりぐりかける太いクレヨンが
一番なのです。

なるべく大きな白い紙を用意します。

チラシの裏でも良いですけど
一冊、大き目のスケッチブックを
ヒーリングのために用意するのも
良いかもしれません。

上等な紙でなくてけっこうです。
落書き帳のようなもので十分です。

できたら、おもいっきり描ける
大きい紙が望ましいですけど。

クレヨンと紙が用意できたら、

さぁ、深呼吸です。

そして、今日あった嫌なことを
思い出してみましょう。

上司に嫌味を言われたとか
失敗して怒られたとか
何もしてないのに
道でにらまれた・・・とか

あなたのストレスのもとは
なんだったでしょうか?

思い出したら、

目に付いたクレヨンを
何色でも良いので、
持って・・・・そして、

紙の上にぐりぐりっと
がぎがぎっと、

描き殴ってみてください。

気分は、そう
公共の壁なんかに
落書きしちゃう不良になったような

そんな荒ぶる気持ちを
クレヨンに載せて
紙の上を思いっきり
汚してみてください。

これはストレスを吐き出している行為で
アートを描いている
わけじゃないですから

美しく描く必要はないですし
ゆっくり丁寧にする必要もなし

ただ勢いにまかせて

いけない言葉を書くのもよし

誰かの悪口を書いてもよし

描いた後はぐちゃぐちゃに捨てる

ということもすっきり促進になります。

ぐちゃぐちゃ落書きを書いてみて

その後もう1回、
描きたいと思うものを
勢いでもいいし、

ちょっと無心になって
きれいに描いても、
もちろんOK

なるほど、街の落書きしちゃう
不良さんたちは、こういう感じで、
すっきりしちゃっているのかと
思うわけです。

仕上がりとか気にせずに
ストレスフルな気持ちを
ただただ表現する。

この場合は、この色の意味は・・
とか、考える必要もありません。

だって、ストレスを吐き出している

という目的がはっきりしていますからね。

ちょっと凝って描くと
ストリートアートみたいに
なることもあるかもしれませんが

それで気持ちが良ければ
それもOK

このヒーリングアートは
なんでもOKなのが
よいところなのです。

私が参考書として使ったのは
ルチア・カパチオーネさんの
「アート・ヒーリング」です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*