緑色ってどんな色?

紫の次は、緑についての
意味をお届けしましょう。

緑といえば、植物、葉っぱの色ですね。
だから、とても自然を感じます。

緑がいっぱいなところは
ほっとしますものね。

都会の中でも公園や
街路樹の緑があるだけで
潤いを感じます。

緑のある場所は
まさに都会の中の
オアシスです。

そんな緑色ですから、
意味もやはり、落ち着くとか
居心地の良さを感じる、
自然体になれるというイメージです。

でも、それだけじゃなくて
緑には良いスペースを創る、
自分のためのスペースを創る
という意味もあり

居心地の悪さを気付かせてくれて
自分のために、環境を整える必要を
教えてくれるのです。

自分のための環境を
整えることはとても大事なことです。

自分にとって安全な
居心地の良い居場所がないと
ほんとうにしんどいです。

とてもストレスを感じるでしょう。

自分のために居場所を創ることは、
自分を大事にし
自分を愛することにも通じるのです。

実は、ハートのチャクラの色は
ピンクでもあるのですが
エメラルドグリーンでもあります。

胸の真ん中のエネルギーセンター
そこがハートチャクラのある場所ですが

ハートチャクラは
無条件の愛を司るところです。

このチャクラがエメラルドグリーンであるとき
ありのままの自分を許し愛する状態

グリーンは個人的な愛というより
人類愛とか大きな愛を
感じさせる色でもあります。

それから、

自分に正直であること
人生や環境、自分と調和すること
大地にしっかりと足をつけていること
自然のリズムとともに生きること

なども緑の意味すること

そして、そうすることで

混乱した頭を落ち着かせて
考えさせてくれてます。

混乱が落ち着くと、
心に平和をもたらします。

そして、それが結局
外側にも平和をもたらす。

それを教えてくれる色でもあります。

ネガティブな意味で使われるときは

自分のための居場所がないよ
ストレスいっぱいで苦しい
という訴えなのです。

もうひとつ、緑には
場所だけでなく
時間の意味も含まれていて、

今ここにではなくて、過去や
はたまた未来について
気持ちは捉われている状態を示していて、
それは今を生きていないよ
というお知らせでもあります。

過去のことをいつまでも考えていたり
未来の心配ばかりしていないで、
今をしっかりと受け止めて
生きて行きましょう。

それが自分の人生と調和するということ
今、することと向き合って、集中することが
とても大事ということ。

と、緑色は教えてくれるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*