空・海・サファイヤ【青色】

虹の色でいうと、ピンクの次は
紫となるのですが

ここで、青について
先にお話します。

青はとても馴染みのある色です。

地球は青い星です。
地表を覆う海の色ですし、
空は青というイメージです。

緑がかったターコイズブルーから
紫に近いロイヤルブルーまで

バリエーションも豊かです。

多くの人が心ひかれる色です。

青には心を鎮める作用があります。

街頭を青にすると犯罪が減ったという
話を聞いたことがあります。

赤い色は怒りを表わしますから
その反対の色は、
怒りを鎮め、冷静にしてくれます。

水の色でもあるので、
水のイメージが青にはあります。

清め、洗い流し
清浄にしてくれる

暑さを和らげ
涼やかにしてくれる
色でもあります。

ブルーはコミュニケーションを
促進してくれる色でもあります。

怒りではなく冷静に話しあう
という作用からなのかもしれません。
他人に寛容になるという意味も
ありますから、
上手にコミュニケーションをとるには
青いエネルギーは必要ですね。

そこからなのか
青には平和という意味もあります。

またブループリントという言葉が
示すように、使命という意味もあります

ターコイズブルーは
喉のチャクラに対応した色と言われています。
コミュニケーションの色と言われるのは、
この関係もあるのかもしれません。

そして、そこから
創造性を高める色という意味もあります。

創造性を発揮できない時に
サポートしてくれる色でもあります。

対人関係のコミュニケーションで
上手く話せない、という時なども
ブルーが助けになります。

青のネガティブな意味は
赤の反対ですから

情熱が足りないこと
になります

考え過ぎて動けなくなったり
安全を考え過ぎて
チャレンジができなくなったり
エネルギー不足になったり

動けない・・というのが
青のネガティブな側面です

落ち着かせるには
ブルーは効果的ですが

動きたい時は
ブレーキになってしまうのですね。

ロイヤルブルーというのは
純粋な青ではなく
青にピンクが混じっていて
少し紫がかった茄子紺の
ロイヤルブルーになるのですが

ブルーがつきますし
見た目は青系統なので
青としてお話しますと

ロイヤルブルーには
神聖な、とか聖なる
という枕詞がぴったりの

スピリチュアル的に言うと
高次元の存在と繋がる
という意味があります。

青に愛を示すピンクを混ぜると
神聖さが高まるのですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*