なでしこ・薔薇・女性性【桃色】

虹の配色でいうと、
赤の次は桃色、ピンクです。

桃色、ピンクというと
圧倒的に女の子の好む色と連想しますが
最近はピンクのシャツを
おしゃれに着こなす男性もいます。

とはいっても、やはり女の子の色
というイメージですね。

自然界でピンクのものって
なにかしら?と探してみると

桜、ブーゲンビリア、サンゴ
それから、フラミンゴ・・・

可愛く美しいものばかりです。

小さな女の子のほっぺも
ピンク色のイメージです。

柔らかく、ほんとに
スィートなイメージです。

そんなピンクは、
小さな女の子が大好きな色ですが

年齢が高めの女性こそ、
必要な色でもあります。

女性ホルモンを出やすくしてくれる
効果も期待できるからです。

女性が若々しく
心を柔らかく保つサポートになります。

いつも頑張っている
キャリアウーマンにも
大事な色です。

女性でも、男性と肩肘並べて
バリバリと頑張っていると
男性性が優勢になってきます。

今はやりのブルゾンさんも言ってますね
キャリアウーマン!

仕事が出来ても
女子力が低くては
出来る女とは言わないんですよね?

上手にピンクのエネルギーを
取り入れることで

女性性を高める色と言われます。

女性性というのは、
受容性、感受性、女性らしさを
表わす言葉です。

ちなみに男性性は、この逆で
能動性、実行性を表わします。

女性性が高いというと
しなやかで、感性は高く
美しくて可愛らしさも
ある感じです。

ピンクには、
攻撃性を弱めて、
緊張を解し、そして、
愛の足りないところに
愛をもたらす

インナーチャイルドを癒すためには
欠かせない要素でもあります。

無条件の愛という意味が
ピンク色にはあります。

ありのまま、ジャッジせず
受け入れる、すべてを愛する

傷付いた心がもっとも
求めてやまないエネルギーです。

可愛いけれど
侮れない、重要な色なのですが

ネガティブな意味でいうと

受身が過ぎて不安定で
繊細すぎて、被害妄想ぎみだったり
周囲への配慮ばかりで、
自分のことは後回しで
疲れ果てていたりします。

愛されたいと強く望む時に
求める色でもあるので、

逆をいうと
とても愛の不足を感じている
状態だと分かるのです。

自分には愛される価値がない
そんな風に傷付いている時にも
人はピンクを求めます。

そういう時
ピンクのエネルギーで
心を満たしてみましょう。

きっと愛を感じさせてくれます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*