ヒーリングの光

光絵「Pink-無条件の愛」

今度はピンクがマイブーム。

自分への愛を高めようと取り組み中だから。

自己愛、自己肯定がまだまだ足りないんじゃないか、

そこを高める必要があるんじゃないか、と

ひしひしと思っているこの頃、

強烈に目についた本を購入した。

「自分を愛せなくなった人へ」ティール・スワン

ティールさん、なかなか壮絶な前半生でござる。

実は私自身もなかなかの波乱万丈と思ってたけど

この人にはかなわないなぁ。

こんなことがあったら、自己肯定感は持てないだろうな

と思える著者が、自己愛を取り戻して変わったと

書かれていて、興味深々で呼んでいる。

自分を愛するための取組みも載っていて

これからそこを読むところなのだ。

インナーチャイルドのワークも載っている。

これからやってみるのだ!

なかなか良さそう。

なにか掴んだら、またシェアしたい。

ヒーリングの光

光絵「Asatuyu2019」

 

過去の作品「Asatuyu」を配色を変えて。

奄美地方は、かなりの雨量が続いています。

なんだか毎日ざんざか降っている。

雨、雨、雨で、うんざりぎみ。

じめじめしてるし、洗濯乾かないし。

天パーはくるくるだし。

あと、表に出ると足がびしょ濡れになるのが嫌・・・

などと、うだうだと言いたくなる。

そんな気分をリフレッシュしたかったのだな、たぶん。

何気にAsatuyuを選んで、この配色にしているし。

 

 

ヒーリングの光, 創作について

カテドラルの光

リクエストをいただいた。

光絵で、オレンジと黄色の光に溢れた教会の祈りの場の

そんな暖かな光に満ちた色合いにできないか?と。

昨夜からいろいろな光絵の元データを引っ張り出して開いてみては

いただいた参考画像から、オレンジと黄色の光で

暖かな祈りの場のイメージを表現できないかと

試行錯誤の時間・・・5パターンくらい描いてみた。

もとは青だったり緑だったりの光絵を色を変えて

組み合わせを変えて、光の加減を変えてみる。

きれいにオレンジや黄色が出ないものもある。

どうするのがもっとも美しいかと、

あーでもない、こーでもない、とやってみた。

そのうちにひとつがこれ。

「藍から出でて」とか「深い森の中で」とか「夜の静寂」を

色を変えて、加工を加えてみたわけです。

暖かい光、表現できているだろうか?

お答えをいただくのが楽しみである。

ヒーリングの光

エメラルドの輝き

 

ハートチャクラの色。エメラルドグリーン。

蝕を前に、自分を責める気持ちが浮き出ている。

出来ないことがあっても、ダメダメな自分でも

ありのまま、今のままでもいいじゃん、と許す。

責められて傷ついているインナーチャイルドがいるから。

そんな弱い自分も許してあげよう。

ハートチャクラからエメラルドグリーンの愛のビーム。

愛の源泉のエネルギー。

 

つぶやき, ヒーリングの光, 創作について

光絵を小さなガラスカボションに

四角いガラスカボションは25mm角。

小さなカボションの中に、光絵を閉じ込める。

カボション作りは、宝石を作っているような気分で楽しい。

光絵がアクセサリーになって、身に着けてもらえる。

そうしてヒーリングを感じてもらえたら最高だ。

アイデアをくれたのは、とても素敵なマクラメ作家のLOTUSさん。https://www.creema.jp/c/sugarcraft

感謝しかない。

LOTUSさんとのコラボシリーズはこちら。

https://www.wakaminami.com/collaboration

お知らせ, ヒーリングの光

UneGraineMint・自分を愛して創造性を発揮する

マット紙に印刷してからUVジェルメディウムを塗布して

金色アクリル絵の具でサインとエディションナンバーを書き入れて

フレームに入れてみた。

このUneGraineシリーズは”大地の中の種”の意味。

まだ表に出ていない状況でもエネルギーを蓄え、

蓄えたエネルギーがいつか花を咲かせ、

実を実らせるパワーを与えるヒーリングのイメージ。

与えてくれるのは、自分を信じる気持ちと

焦らずに大いなる意志に委ねる気持ち。

そして、この絵のMint(ターコイズブルー)は

創造性、クリエイティビティのエネルギー。

とくに人生を創造するエネルギーのイメージ。

大地のエネルギー、ディープマジェンタの中で育まれる。

地に足をつけて行動するグラウンディング強化でもあるし、

自分の個性を大事し、自分を育てるエネルギーになる。

種の光の中心にあるコーラルピンクは

自分で自分に愛を与えることができるように

助けてくれる光。

誰も愛してくれない、と嘆くのではなく

自分をだめだと自分を否定して虐めるのではなく

自分で自分をありのまま愛することができると

いつのまにか、自然と愛で満たされる。

自分を本当の意味で愛するのは意外と難しい。

報われないことが多いと思っている人は

自分で自分をだめだと否定している。

自分をありのまま愛する必要がある。

そうすると、本当の創造性を発揮できる。

創造性は人生を創ることができるパワー。

ヒーリングの光

Une Graine 2019 Blue

光絵としても最初の頃の作品、Une Graine(大地の中の種)シリーズ

2019年バージョンを描いてみた。

 

これは、blueの種。

土の中で種は生きている。

地表へ出た後に、どんな花を咲かそうか

どんな実をつけようか、と夢見ながら。

種はそれぞれにいろんなエネルギーを持っている。

この種は芯は明るくて、創造性がいっぱいで

少し短気で怒りっぽいかもしれないけど情熱家。

そんな感じ?

ヒーリングとしては、

地に足をつけるグラウンディング効果と

創造性、明るさ、熱意を蓄えるイメージ。

 

魂の光・オーブにも見えるかも。

見えないけれど、見えないエネルギーは

いろんな人と干渉しあって繋がりがある。

そんなイメージもする。

種のことを考えると楽しい。

ヒーリングの光

光絵「Age of Aquarius」

アクエリアスの時代。魂が輝く時代。スピリチュアルな時代。

そういうイメージで描いた光絵。

 

デジタルだけど、いじくり回して偶然の一致で出来た一枚なので

同じもの、同じ色を再現はできないのですよ。

データが壊れたら、もう同じのは作れない。

似たものだったらできるけど、それはもう違う作品。

 

ヒーリングの光

光絵「Bress you-祝福あれ」

こちらの光絵をご購入いただいたお客様から、

とても嬉しいご好評をいただいて、舞い上がっているのだ。

嬉しくて、天に昇ってしまいそう~。

 

・・・以下、いただいたご講評より抜粋。

 

ヒーリング光絵は、

いつもやわらかく 中立で中性的なかんじがしていて、

くたびれているときや絶望的な気持ちになったときには

静かに寄り添ってくれる友人のように、

相談するように光絵にじぃっと見入っていると、

感情に振り回されそうなときは冷静に、

苦しいことからは囚われすぎないようにと励ましを、

そして楽しいときはそれを大事に思い切り楽しもう、

とアドバイスをくれる仲の良い友人がいつも側にいるような、

または受け止めて導いてくれる

心のカウンセラーさんのような感じがしています。

・・・

こうあったら良いなと願い光絵を創作してきた私に

なんというご褒美でしょうか。

ありがとうございます!

これを励みにまたいっそう創作に精進いたします。感謝。